1年無料にする為の『楽天ひかり・楽天モバイル』の契約する順番とは?

悩んでる人
・楽天ひかり1年無料キャンペーンの概要を知りたい!
・1年無料にする為の楽天ひかり・楽天モバイル契約する順番は?
・楽天ひかり1年無料キャンペーンを始める流れを知りたい!

 

こんな悩みが解決できる記事です。

 

この記事を読んだことで『こっちから先に契約した方が良さそうだな!』って感じで理解できます!

 

楽天サービスの専門家の僕が、楽天ひかり1年無料キャンペーンの条件を満たしつつ、ベストな契約する順番をわかりやすく解説しますね。

 

ここでは、楽天ひかりと楽天モバイルどちらを先に契約すべきかの順番を紹介して、キャンペーンの注意点や契約の流れまでご紹介します。

楽天ひかり1年無料キャンペーンの概要

楽天ひかり1年無料キャンペーン(※正式名称:楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン)とは、楽天ひかりと楽天モバイル両方の申し込みで、楽天ひかりの月額基本料が1年無料になるキャンペーンです。

 

楽天ひかりの月額基本料は以下の通りです。

  • マンションプラン(集合住宅):4,800円(税込5,280円)
  • ファミリープラン(戸建):3,800円(税込4,180円)

 

なので、1年無料になると実質以下の金額分お得になりますね。

  • マンションプラン(集合住宅):税込63,360円
  • ファミリープラン(戸建):税込50,160円

 

両方とも契約することで5万円〜6万円もお得になるキャンペーンですが、「キャンペーンを適応させる為には、契約する順番はあるのかなぁ?」と疑問が出てくるかと。

 

そこで、次に契約する順番について解説しますね。

 

楽天ひかり・楽天モバイル契約する順番とは?

楽天ひかり1年無料キャンペーンの条件としては、楽天ひかりと楽天モバイルの契約する順番は関係なく、どちらから契約してもキャンペーン対象になります。

 

ただし、以下2点の注意点があります!

  • キャンペーンの条件が少し異なる
  • 楽天モバイルからの契約がおすすめ

 

キャンペーンの条件をクリアするには、「楽天ひかり→楽天モバイル」の順番でも、「楽天モバイル→楽天ひかり」の順番でもキャンペーンが適応されますが、順番によって少し条件が異なるのと、個人的には「楽天モバイル→楽天ひかり」の順番がおすすめです。

 

その理由を次に詳しく解説します。

 

楽天モバイルから契約した方がいい3つの理由

楽天ひかり1年無料キャンペーンの適応には順番は関係ありませんが、楽天モバイルから契約した方がいい理由は以下の3つです。

  1. 楽天モバイルの方が優先順位が高い
  2. 契約期間&解約金の有無
  3. キャンペーン申し込み締切日の有無

 

順番に見ていきましょう。

 

理由①:楽天モバイルの方が優先順位が高い

楽天ひかりと楽天モバイルの優先順位を考えると、楽天モバイルの方が優先順位が高いかと。

 

というのも、楽天モバイルがあっての楽天ひかりだからです。

 

光回線サービス全般にいえることですが、スマホとセットで契約するから光回線がお得になる感じですね。

 

なので、楽天モバイルをまずは試してみてサービスに満足できたら、楽天ひかりを契約する順番がいいかと!

 

「楽天ひかり→楽天モバイル」の順番だと、もし楽天モバイルのサービスに満足できなければ両方とも解約する手間がかかってしまいますね。

 

理由②:契約期間&解約金の有無

楽天ひかりには3年の契約期間がありますが、楽天モバイルには契約期間はありません。

 

なので、もしサービスに満足できない場合に備えて、解約金がかからない楽天モバイルから契約する方がいいかと。

 

楽天ひかりでは契約更新期間(開通月翌月を1ヶ月目とし、36ヶ月〜38ヶ月の3ヶ月間)以外で解約すると、10,450円の解約金がかかります。

 

まずは、契約期間&解約金がない楽天モバイルから契約するのが無難ですね。

 

理由③:キャンペーン申し込み締切日の有無

「楽天ひかり→楽天モバイル」、「楽天モバイル→楽天ひかり」の契約する順番によって、1年無料キャンペーンの申し込み締切日が異なります。

  • 「楽天ひかり→楽天モバイル」:翌月15日までに楽天モバイルの申し込みが必要
  • 「楽天モバイル→楽天ひかり」:楽天ひかりの申し込みはいつでもOK

 

楽天ひかりを先に契約した場合、翌月15日までに楽天モバイルを申し込まないと、1年無料キャンペーンが対象外になりますね。

 

楽天モバイルの契約自体は1週間ほどで完了しますが、万が一の手続き不備など、申し込み締切日を過ぎてしまう可能性はゼロではないので、申し込み期限がない「楽天モバイル→楽天ひかり」の順番の方が安心かと。

 

楽天ひかり1年無料キャンペーンの注意点

上記で「楽天モバイル→楽天ひかり」の順番で契約した方がいいとご紹介しましたが、注意点もあるので合わせて確認しましょう。

 

注意点の概要は以下の通りです。

  1. 楽天ひかり開通まで日数がかかる
  2. 楽天ひかり1年無料キャンペーンはいつまで?

 

順番に解説しますね。

 

注意点①:楽天ひかり開通まで日数がかかる

楽天ひかりを申し込んでから開通まで日数がかかるので注意しましょう。

 

開通までの日数は、申し込み内容(新規申し込み、転用/事業者変更)によって多少異なりますが、約1ヶ月かかりますね。

 

以下、公式サイトの画像を見てください。

楽天ひかり開通日までの日数

 

なので、光回線が至急必要な方は、楽天モバイルを先に契約するのではなく、楽天ひかりを先に契約するのも検討するといいでしょう。

 

注意点②:楽天ひかり1年無料キャンペーンはいつまで?

楽天ひかり1年無料キャンペーンの期間は、『終了日未定』となっています。

 

公式サイトにも記載されていますね。

楽天ひかり1年無料キャンペーン開催期間

 

つまり、いつまで開催されているかは楽天側しかわからないということです。

 

急にキャンペーンが終了してしまう可能性があるので、必要な方はできるだけ早めに申し込みましょう。

 

楽天ひかり&楽天モバイルの契約の流れ

最後に、楽天ひかりと楽天モバイルの契約の流れをご紹介します。

 

契約の流れといっても簡単なので、サクッと見ていきましょう。

 

楽天モバイルの契約の流れ

楽天モバイルの契約の流れは以下の通りです。

3ステップ
ステップ1:契約に必要なものを準備
・本人確認書類(運転免許証など)
・楽天会員ユーザーID/パスワード
・クレジットカード/銀行口座
・MNP予約番号(※他社から電話番号乗り換えの方のみ)
ステップ2:申し込み
契約に必要なものが準備できたら、申し込み手続きをしましょう。
ステップ3:申し込み後
申し込みが完了したら、商品(SIMカードや端末)が届くのを待ちましょう。
商品が届いたら、同封されている案内のとおり初期設定をするだけで完了です。

 

 

楽天ひかりの契約の流れ

楽天ひかりの契約の流れは、現在のインターネット利用状況によって2通りに分かれます。

  1. フレッツ光・光コラボを利用している場合
  2. その他の光回線の利用/インターネット回線を利用していない場合など

 

1. フレッツ光・光コラボを利用している場合

フレッツ光・光コラボを利用している場合、光回線の工事が不要ですね!

 

契約の流れは以下の通りです。

3ステップ
ステップ1:転用承諾番号または事業者変更承諾番号の取得
・『フレッツ光』を利用中の方は、NTT東日本またはNTT西日本の窓口に連絡し「転用承諾番号」を取得しましょう。
NTT東日本またはNTT西日本の窓口
・『光コラボ』を利用中の方は、各光コラボ事業者へ連絡し「事業者変更承諾番号」を取得しましょう。
光コラボ事業者の連絡先
ステップ2:申し込み
楽天ひかりを申し込みましょう。
先ほど取得した転用承諾番号/事業者変更承諾番号はここで入力が必要になりますね。
ステップ3:確認の連絡/初期設定
申し込みが完了したら、確認の連絡がメールがきます。
問題なく契約できたら、あらかじめ郵送されている「アカウントのお知らせ」の内容に沿って初期設定をすれば完了です。

 

2. その他の光回線の利用/インターネット回線を利用していない場合など

その他の光回線の利用/インターネット回線を利用していない場合などは、新規契約になり工事が必要になります。

 

契約の流れは以下の通りです。

3ステップ
ステップ1:申し込み
まずは楽天ひかりを申し込みましょう。
ステップ2:工事日程の連絡/開通工事
申し込みから1日〜3日後に、工事日程の確認の連絡がきます。
開通工事の当日は立ち合いが必要になるかと。
ステップ3:インターネット接続の設定
工事が完了したら、あらかじめ郵送されている「アカウントのお知らせ」の内容に沿って初期設定すれば完了です。

 

 

まとめ:楽天ひかり1年無料を始めるなら、楽天モバイルから順番に契約!

上記で紹介した『楽天ひかり・楽天モバイルの契約する順番』を実践していただくと、今後は楽天ひかり1年無料キャンペーンが適応されるか悩むことは一切なく、契約する順番を決めることができます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

楽天ひかり・楽天モバイルの順番
  • おすすめの順番
    → 楽天モバイルから契約しよう!
  • 楽天モバイルから契約する理由
    → 楽天モバイルの方が優先順位が高い
    → 楽天モバイルは契約期間&解約金なし
    → 楽天モバイルからだとキャンペーン申し込み締切日なし

 

楽天ひかり1年無料キャンペーンを適応させるためには、契約する順番はどちらからでもOKですが、「楽天モバイル→楽天ひかり」の順番の方がいいことが理解できたかと。

 

まずは、楽天モバイルを契約して実際に試して、問題なければ楽天ひかりも契約する順番がいいでしょう。

 

とはいえ、キャンペーンがいつまで開催されるかわからないので、さっそく楽天モバイルを申し込み、次に楽天ひかりも早めに申し込みましょう!

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事