【2022年版】楽天ポイントの獲得上限まとめ|各キャンペーンごとに解説

悩んでる人
・楽天ポイントの獲得上限をまとめて知りたい!
・楽天ポイントの獲得上限をオーバーしない購入上限金額は?
・楽天ポイントを正しく計算するための基礎知識は?
・各キャンペーンごとの獲得上限ポイント&購入上限金額は?

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

 

これからご紹介する『楽天ポイントの獲得上限まとめ』を読むことで、楽天市場でもらえるポイントの獲得上限をまとめて確認できます。

 

なぜなら、楽天市場を毎日チェックしている楽天サービス専門家の僕が、楽天ポイントの獲得上限を全てをまとめて分かりやすく解説するからです。

 

ここでは、『楽天ポイントの獲得上限の早見表』をご紹介して、『楽天ポイントの獲得上限を正しく計算するための基礎知識』、『楽天ポイント別の獲得上限の詳細』の順番でご紹介しますね。

 

読み終えていただければ、楽天市場でもらえるポイントの獲得上限をまとめて確認でき、思わずポイント上限をオーバーして損せずに済みます。

 

楽天ポイントの獲得上限の早見表

楽天市場でもらえるポイントの獲得上限を、早見表でまとめると以下の通りです。各楽天ポイントの詳細は後ほど詳しく解説します。

 

実質倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
通常ポイント 1倍 なし なし
SPU 最大13倍 5,000〜15,000pt ※月間 50万〜300万円
お買い物マラソン 最大9倍 7,000pt 77,800〜70万円
楽天スーパーセール
5と0のつく日 2倍 3,000pt ※月間 15万円
勝ったら倍 最大3倍 1,000pt 33,400〜10万円
39キャンペーン 1倍 3,000pt 30万円
ワンダフルデー 2倍 1,000pt 5万円
1倍 ※リピート購入 1,000pt 10万円
ご愛顧感謝デー 最大3倍 1,000pt 33,400〜10万円

※2022年4月現在

 

楽天ポイントの獲得上限はそれぞれ異なります。

 

お得なキャンペーンが盛りだくさんですが、獲得上限ポイントをオーバーしないように、楽天市場で買い物する前に確認するといいでしょう。

 

 

楽天ポイントの獲得上限の基礎知識

楽天ポイントの獲得上限を正しく理解するために、以下の基礎知識3つを確認してください。

 

基礎知識3つ
  1. ポイント付与対象は税抜価格
  2. 獲得上限は各キャンペーンごとに計算
  3. 獲得上限には通常ポイント1倍を含まない

 

順番に解説しますね。

 

基礎知識①:ポイント付与対象は税抜価格

楽天市場のポイント付与対象金額は、『税込価格』ではなく『税抜価格』に対してなので注意しましょう。

 

税込価格にポイント倍率をかけてしまうと、実際にもらえるポイント数よりも多くなり、獲得上限を正しく計算できません。

 

例えば、「勝ったら倍『+1倍』開催時に、税込11万円(税抜10万円)の商品を購入」した場合の間違った例と正しい例は以下の通りです。

 

間違った例

税込11万円 × 1% = 1,100ポイント
⇨ 獲得上限1,000ポイントをオーバー

正しい例

税抜10万円 × 1% = 1,000ポイント
⇨ 獲得上限1,000ポイント以内

 

楽天市場の価格は税込表示

楽天市場の商品価格は全て税込で表示されています。

 

楽天市場の価格は税込表示

 

なので、ポイント倍率をかける際は、税込価格から税抜価格に直してから計算する必要がありますね。

 

基本的には税率10%の商品が多いですが、商品によっては軽減税率8%のもの(酒類を除く飲食料品など)もあるので、税抜価格に直す際に計算間違えしないように注意してください。

 

税抜価格に直す計算式は以下の通りです。

 

  • 税込10%の商品:税込価格 ÷ 1.1 = 税抜価格
  • 税込8%の商品:税込価格 ÷ 1.08 = 税抜価格

 

基礎知識②:獲得上限は各キャンペーンごとに計算

楽天ポイントの獲得上限は各キャンペーンごとに計算しましょう。

 

冒頭で紹介した早見表でも分かる通り、各キャンペーンごとに獲得上限ポイントが設定されているからです。

 

よく勘違いする例としては、お買い物マラソン期間中に5と0のつく日を併用したけど、合計7,000ポイント(お買い物マラソンの獲得上限)までしかもらえないと勘違いしているケースです。

 

正しくは、お買い物マラソンの獲得上限7,000ポイント、5と0のつく日の獲得上限3,000ポイントの最大10,000ポイントまでもらえますね。

 

基礎知識③:獲得上限には通常ポイント1倍を含まない

楽天ポイントの獲得上限には通常ポイントを含まないで計算しましょう。

 

というのも、獲得上限の対象となるポイントは、各キャンペーンの特典ポイントの部分のみだからです。

 

各キャンペーンのポイント倍率はすべて、通常ポイント1倍を含めた表記になっていて、そのまま計算すると獲得上限を正しく計算できません。

 

例えば、お買い物マラソンはショップ買い回りポイント最大10倍と表記されていますが、通常ポイント1倍を含んだ表記なので、実質倍率はポイント最大9倍です。

 

10ショップ買い回りした際のポイント内訳は以下の通りです。

 

  • 通常ポイント1倍
  • 特典ポイント9倍 ※獲得上限の対象

 

つまり、各キャンペーンの獲得上限を計算する際は、表記されたポイント倍率をそのまま掛けるのではなく、通常ポイント1倍を除いた特典ポイントに対して計算しましょう。

 

「5と0のつく日」はSPUポイントも含む

「5と0のつく日」に関しては、通常ポイント1倍だけではなく、SPUポイントも含んだ表記になっているので注意してください。

 

「5と0のつく日」ポイント5倍の内訳は以下の通りです。

 

ポイント5倍の内訳
  • 通常ポイント1倍
  • SPUポイント2倍
  • 特典ポイント2倍 ※獲得上限の対象

 

つまり、「5と0のつく日」で実質お得になるのは特典ポイント2倍の部分のみですね。

 

獲得上限ポイントを計算する際は、特典ポイントに対して計算するようにしましょう。

 

 

「5と0のつく日」の詳細は楽天『5と0のつく日』完全ガイド|条件・ポイント倍増・注意点まとめ にて詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

楽天ポイントの獲得上限【通常ポイント&各キャンペーンの詳細】

楽天ポイントの獲得上限&購入上限金額を、通常ポイントと各キャンペーンの詳細を順番にご紹介します。

 

冒頭でも紹介した早見表で、まずは全体像を確認してください。

 

実質倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
通常ポイント 1倍 なし なし
SPU 最大13倍 5,000〜15,000pt ※月間 50万〜300万円
お買い物マラソン 最大9倍 7,000pt 77,800〜70万円
楽天スーパーセール
5と0のつく日 2倍 3,000pt ※月間 15万円
勝ったら倍 最大3倍 1,000pt 33,400〜10万円
39キャンペーン 1倍 3,000pt 30万円
ワンダフルデー 2倍 1,000pt 5万円
1倍 ※リピート購入 1,000pt 10万円
ご愛顧感謝デー 最大3倍 1,000pt 33,400〜10万円

 

それでは、順番に詳細を解説します。

 

獲得上限①:通常ポイント

倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
通常ポイント 1倍 なし なし

 

通常ポイントには獲得上限はありません。

 

楽天市場でどれだけ購入したとしても、購入金額(税抜)の1%分が必ず付与されます。

 

なので、通常ポイント1倍に関しては獲得上限を気にしなくてOKですね。

 

獲得上限②:SPU

倍率 獲得上限(月間) 購入上限金額(税抜)
楽天モバイル +1倍 5,000pt 50万円
楽天モバイルキャリア決算 +0.5倍 5,000pt 100万円
楽天ひかり +1倍 5,000pt 50万円
楽天カード 通常分 +1倍 なし なし
楽天カード 特典分 +1倍 5,000pt 50万円
楽天プレミアムカード 特典分 +2倍 15,000pt
※楽天カード 特典分との合計の上限
50万円
楽天銀行 + 楽天カード +1倍 5,000〜15,000pt
※会員ランク別
50万〜150万円
楽天証券 投資信託 +0.5倍 5,000pt 100万円
楽天証券 米国株式 +0.5倍 5,000pt 100万円
楽天ウォレット +0.5倍 5,000pt 100万円
楽天トラベル +1倍 5,000〜15,000pt
※会員ランク別
50万〜150万円
楽天市場アプリ +0.5倍 5,000〜15,000pt
※会員ランク別
100万〜300万円
楽天ブックス +0.5倍 5,000〜15,000pt
※会員ランク別
100万〜300万円
楽天Kobo +0.5倍 5,000〜15,000pt
※会員ランク別
100万〜300万円
Rakuten Pasha +0.5倍 5,000pt 100万円
Rakuten Fashion +0.5倍 5,000〜15,000pt
※会員ランク別
100万〜300万円
楽天ビューティ +0.5倍 5,000〜15,000pt
※会員ランク別
100万〜300万円

※【会員ランク別】ダイヤモンド会員:15,000pt、プラチナ会員:12,000pt、ゴールド会員:9,000pt、シルバー会員:7,000pt、その他会員:5,000pt

 

SPUの獲得上限は月間で5,000〜15,000ポイントで、各サービスによって異なります。

 

月に50万〜300万円以上購入しない限り、獲得上限ポイントをオーバーしないので、ほとんど気にしないでも大丈夫そうですね。

 

引っ越しなど大きな買い物が必要なときなどに、確認しておく程度でいいでしょう。

 

 

SPU(スーパーポイントアッププログラム)の詳細は【2022年版】楽天SPUの攻略法|ポイント還元率10倍の僕が徹底解説!にて詳しく解説しています。

 

獲得上限③:買い回り(お買い物マラソン・楽天スーパーセール)

倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
1ショップ ※通常ポイントのみ なし なし
2ショップ +1倍 7,000pt 700,000円
3ショップ +2倍 350,000円
4ショップ +3倍 233,400円
5ショップ +4倍 175,000円
6ショップ +5倍 140,000円
7ショップ +6倍 116,700円
8ショップ +7倍 100,000円
9ショップ +8倍 87,500円
10ショップ〜 +9倍 77,800円

 

買い回りキャンペーン(お買い物マラソン・楽天スーパーセール)の獲得上限は、7,000ポイントです。

 

購入上限金額は77,800〜700,000円と、買い回りショップ数によって大きく異なります。

 

買い回りショップ数が多ければポイント倍率もアップしますが、購入上限金額は小さくなるのでポイント上限には注意しましょう。

 

獲得上限④:5と0のつく日

倍率 獲得上限(月間) 購入上限金額(税抜)
5と0のつく日 +2倍 3,000pt 15万円

 

5と0のつく日の獲得上限は月間で3,000ポイントです。

 

購入上限金額は月間で15万円なので、ポイント上限をほとんど気にしなくても大丈夫でしょう。

 

大きな買い物がある月のみ、ポイント上限に気をつけてください。

 

 

5と0のつく日のキャンペーン内容は楽天『5と0のつく日』完全ガイド|条件・ポイント倍増・注意点まとめにて詳しく解説しています。

 

獲得上限⑤:勝ったら倍

倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
1チーム +1倍 1,000pt 100,000円
2チーム +2倍 50,000円
3チーム +3倍 33,400円

 

勝ったら倍の獲得上限は1,000ポイントです。

 

購入上限金額は33,400〜100,000円と、勝利チーム数によって異なります。

 

2チーム勝利&3チーム勝利する確率は少なめですが、勝利チーム数が多いと購入上限金額が小さくなるので、ポイント上限に気をつけてください。

 

 

勝ったら倍のキャンペーン内容は楽天『勝ったら倍』試合日程はいつ?開催確率が高い日を徹底解説!にて詳しく解説しています。

 

獲得上限⑥:39キャンペーン

倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
39キャンペーン +1倍 3,000pt 30万円

 

39キャンペーンの獲得上限は3,000ポイントです。

 

購入上限金額は30万円までなので、かなり大きな買い物をしない限り、ポイント上限をオーバーすることはないでしょう。

 

 

39ショップ&39キャンペーンの内容は【店名じゃない!】楽天市場39ショップとは?送料無料の見分け方にて詳しく解説しています。

 

獲得上限⑦:ワンダフルデー

倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
ワンダフルデー +2倍 1,000pt 5万円
リピート購入 +1倍 1,000pt 10万円

 

毎月1日ワンダフルデーでは、『エントリーでポイント3倍(実質+2倍)』と『エントリー&リピート購入でポイント2倍(実質+1倍)』が同時開催されますが、どちらも獲得上限は1,000ポイントです。

 

購入上限金額は『エントリーでポイント3倍(実質+2倍)』が5万円、『エントリー&リピート購入でポイント2倍(実質+1倍)』が10万円です。

 

 

ワンダフルデーのキャンペーン内容は楽天市場|毎月1日ワンダフルデーの詳細まとめ【3つの注意点あり】にて詳しく解説しています。

 

獲得上限⑧:ご愛顧感謝デー

倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
ダイヤモンド会員 +3倍 1,000ポイント 33,400円
プラチナ会員 +2倍 50,000円
ゴールド会員 +1倍 100,000円

 

毎月18日ご愛顧感謝デーの獲得上限は1,000ポイントです。

 

購入上限金額は33,400〜100,000円と、会員ランクによって異なります。

 

会員ランクが高ければポイント倍率がアップしますが、購入上限金額は小さくなるので、ポイント上限に注意してください。

 

 

ご愛顧感謝デーのキャンペーン内容は【最大4倍】毎月18日楽天市場『ご愛顧感謝デー』詳細・注意点まとめにて詳しく解説しています。

 

【実例】楽天市場で買い物した際の獲得ポイント

最後に、僕が実際に楽天市場で買い物した際の獲得ポイントの実例をご紹介します。

 

これから、楽天市場で買い物する際の獲得上限のイメージを掴んでいただければ幸いです。

 

1ヶ月間の合計購入金額:約243,000円
  • 9/10:約79,000円 ※楽天スーパーセール期間中
    2021年9月10日楽天市場の購入履歴
  • 9/14:約40,000円
    2021年9月14日楽天市場の購入履歴
  • 9/20:約117,900円 ※お買い物マラソン期間中
    2021年9月20日楽天市場の購入履歴
  • 9/23:約6,100円 ※お買い物マラソン期間中
    2021年9月23日楽天市場の購入履歴

 

1ヶ月間の合計獲得ポイント:〇〇pt

楽天市場で1ヶ月間買い物した獲得ポイントの実例

  • SPU(楽天カード利用特典+3倍):7,284pt
  • SPU(楽天証券利用特典+1倍):2,416pt
  • SPU(楽天モバイル利用特典+1倍):2,416pt
  • SPU(楽天):pt
  • SPU(楽天ビューティ利用特典+1倍):2,416pt
  • SPU(楽天市場アプリ利用特典+0.5倍):802pt
  • 5と0のつく日:3,000pt ※獲得上限
  • 勝ったら倍(9/10+1倍):780pt
  • 勝ったら倍(9/20+1倍):1,000pt ※獲得上限
  • 勝ったら倍(9/23+1倍):61pt
  • 楽天スーパーセール(9/4〜9/11):7,000pt ※獲得上限
  • お買い物マラソン(9/19〜9/24):7,000pt ※獲得上限

 

引っ越しのために、2021年9月に楽天市場でたくさん買い物した際の獲得ポイントです。

 

1ヶ月間にまとめて買い物したため、獲得上限をオーバーしてしまったものもありますね。

 

SPUに関しては獲得上限までまだまだ余裕がありますが、買い回りや5と0のつく日、勝ったら倍などは、まとまった買い物をすると獲得上限をオーバーしてしまう可能性が高くなるので、気をつけてください。

 

まとめ:楽天ポイント獲得上限内で買い物しよう!

上記で紹介した『楽天ポイントの獲得上限まとめ』を読んでいただくと、今後は楽天市場でもらえるポイントの獲得上限で悩むことは一切なくなり、獲得上限内で最大限お得に買い物できます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

 

まとめ
  • 早見表
    実質倍率 獲得上限 購入上限金額(税抜)
    通常ポイント 1倍 なし なし
    SPU 最大13倍 5,000〜15,000pt ※月間 50万〜300万円
    お買い物マラソン 最大9倍 7,000pt 77,800〜70万円
    楽天スーパーセール
    5と0のつく日 2倍 3,000pt ※月間 15万円
    勝ったら倍 最大3倍 1,000pt 33,400〜10万円
    39キャンペーン 1倍 3,000pt 30万円
    ワンダフルデー 2倍 1,000pt 5万円
    1倍 ※リピート購入 1,000pt 10万円
    ご愛顧感謝デー 最大3倍 1,000pt 33,400〜10万円

 

  • 基礎知識
    ポイント付与対象は税抜価格
    獲得上限は各キャンペーンごとに計算
    獲得上限には通常ポイント1倍を含まない

 

最初は、楽天市場でもらえるポイントの獲得上限がいくつかよく分からなかったと思いますが、この記事を読んでいただければ、楽天ポイントの獲得上限をまとめて理解できます。

 

通常ポイントや各キャンペーンごとの獲得上限が分かれば、楽天市場の買い物で思わずポイント上限をオーバーすることなく損せずに済みます。

 

ぜひ、この機会に獲得上限内で最大限お得に買い物してみてください!

 

 

おすすめの記事