【要注意】楽天モバイルの契約は楽天カード持ってない人でも大丈夫?

悩んでる人
・楽天カードを持ってないけど楽天モバイルは契約できる?
・楽天モバイルを契約するなら楽天カードは作るべき?
・楽天モバイル契約時に、楽天カードを持ってない場合の注意点は?
・楽天カードを持ってない人の楽天モバイル契約パターンは?

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

 

これからご紹介する『楽天モバイルの契約は楽天カード持ってない人でも大丈夫?』を読むことで、現在楽天カードを持ってない人でも、無事に楽天モバイルを契約することができます。

 

なぜなら、実際に楽天モバイルを利用している楽天サービス専門家の僕が、楽天カードを持ってない方向けに分かりやすく解説するからです。

 

ここでは、『楽天カード以外の支払い方法』から『楽天カードを持ってない場合の注意点』、『楽天カードを持ってない人の楽天モバイル契約パターン』までご紹介します。

 

読み終えていただければ、今後は楽天カードを持ってないけど楽天モバイルの契約が大丈夫なのかで悩むことは一切なくなり、無事に契約することができます。

 

楽天カードを持ってない人でも楽天モバイルは契約可能

楽天モバイルは楽天カードを持ってなくても契約することができます。

 

というのも、楽天カード以外のクレジットカードでも契約できるからです。

 

実際に、以下の国際ブランドが付いているクレジットカードであれば、利用できます。

 

利用可能なクレジットカード
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club ※端末代金の分割払いは不可

 

メジャーな国際ブランドは全て利用できるので、今持っているクレジットカードで楽天モバイルを契約することができますね。

 

 

クレジットカード以外の支払い方法

そもそもクレジットカードを持ってない方でも、楽天モバイルは契約することができます。

 

というのも、クレカ以外にも口座振替とデビットカードで契約することができるからです。

 

とはいえ、口座振替の場合は手数料がかかったり、デビットカードの場合は対象のカードが限られていたりと、デメリットがあるので基本的にはクレジットカードで支払うのがおすすめです。

 

 

事情があってクレジットカード以外の支払い方法で契約したい方は、楽天モバイルはクレジットカードなしでも契約OK|口座振替・デビットカードで支払う方法を参考にしてください。

 

楽天モバイル契約時に楽天カードを持ってない場合の注意点

楽天カードを持ってない人でも楽天モバイルは契約できますが、注意点もあるので確認しましょう。

 

注意点の概要は以下の通りです。

 

注意点

  1. 端末代金の分割手数料
  2. 端末代金の分割回数
  3. 楽天市場のポイント還元率

 

順番に解説しますね。

 

注意点①:端末代金の分割手数料

端末を分割払いで購入したい場合、楽天カード以外のクレジットカードだと分割手数料がかかるので注意しましょう。

 

楽天モバイルで端末を購入する際、24回払いで購入することができますが、各クレジットカード会社が定めた分割手数料がかかります。

 

分割手数料の相場としては、年利12〜15%ほどです。

 

例えば、『端末代金10万円24回払い・年率15%』で計算すると分割手数料は16,370円かかり、総額116,370円支払うことになります。

 

一方、楽天カードなら端末代金の分割手数料は無料です。

 

なので、楽天カード以外のクレジットカードで端末を分割払いする際は、分割手数料がかかるので注意してください。

 

注意点②:端末代金の分割回数

端末を分割払いで購入したい場合、楽天カード以外のクレジットカードだと分割回数は24回払いのみです。

 

一方、楽天カードなら24回払いだけでなく、48回払いも可能です。もちろん分割手数料は無料!

 

なので、端末の月々の支払い額の負担を、できる限り減らしたい方は楽天カードの48回払いがいいでしょう。

 

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムのイメージ

楽天カード以外のクレジットカードだと、『楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム』を活用できません。

 

というのも、キャンペーンの条件に「楽天カードでの48回払い」が含まれているからです。

 

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムとは、対象のiPhone新モデルを48回払いで購入し、25ヶ月目以降に返却することで、最大24回分の支払いが不要になるプログラムです。

 

なので、『楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム』を活用したい方は、楽天カードが必要です。

 

 

注意点③:楽天市場でのポイント還元率

楽天市場をよく利用するなら、楽天カードを持っておくといいでしょう。

 

というのも、楽天市場にはSPUというポイントアッププログラムがあるからです。

 

SPUとは対象の楽天サービスを使えば使うほど、楽天市場でのポイント還元率がアップするプログラムです。

 

楽天モバイルの利用でポイント+1倍、楽天カードの利用でポイント+2倍にアップします。

 

なので、楽天市場を利用するなら、楽天モバイルと一緒に楽天カードも利用するとポイント還元率がアップするので、楽天モバイルの契約を機会に楽天カードも作るといいでしょう。

 

 

SPUの詳細は、【2022年最新】楽天SPUの攻略法|ポイント還元率10倍の僕が徹底解説!にて解説しています。

 

楽天カードを持ってない人の楽天モバイル契約パターン

現在、楽天カードを持ってない人がこれから楽天モバイルを契約するパターンをいくつかご紹介します。

 

あなたに合ったパターンを選んで、楽天モバイル契約の参考にしてみてください。

 

主なパターンは以下の通りです。

 

契約パターン
  1. 楽天カード以外のクレカのまま契約する
  2. 楽天モバイル契約後に楽天カードを作る
  3. 楽天モバイルと楽天カード同時申し込み

 

順番に見ていきましょう。

 

①楽天カード以外のクレカのまま契約する

おすすめな人
  • 端末を購入しない人
  • 端末を一括払いで購入する人
  • 楽天市場を利用しない人

楽天カードは作らずに、現在持っているクレジットカードのまま契約するパターンです。

 

楽天カードを持つメリットは大きく2つ『端末を分割払いで買う場合にお得』と『楽天市場で買い物する場合にお得』なので、そもそも端末を購入しない、もしくは一括払いで購入する人、楽天市場を利用しない人は、楽天カード以外のクレジットのまま契約するのもいいでしょう。

 

 

楽天カードと楽天カード以外のポイント還元率の違い

楽天モバイルの月額料金を楽天カード以外のクレジットカードで支払うと、ポイント還元されないと勘違いしている方が多いですが、楽天カード払いと同様にポイント還元されます。

 

楽天カード 楽天カード以外のクレカ

ポイント還元

・楽天モバイル利用ポイント1%
・楽天カード利用ポイント1%
・楽天モバイル利用ポイント1%
・各クレジットカード利用ポイント

 

楽天モバイル利用ポイント1%分は、支払い方法に関係なく付与されますが、クレジットカード利用ポイントは各クレジットカードのポイント還元率分が付与されますね。

 

楽天カード払いであれば、楽天モバイル利用ポイント1%に加えて、楽天カードのポイント還元率1%分の合計ポイント2%還元されます。

 

一方、楽天カード以外のクレジットカード払いであれば、楽天モバイル利用ポイント1%に加えて、ポイント0.5%還元のクレカであれば合計1.5%還元されますし、ポイント1%還元のクレカであれば楽天カードと同じく合計2%還元されますね。

 

②楽天モバイル契約後に楽天カードを作る

おすすめな人
  • まずは楽天モバイルを試したい人
  • 一度に両方申し込む手間が嫌な人

楽天モバイルを契約してから、のちのち楽天カードを作るパターンです。

 

楽天モバイルと楽天カードを両方とも利用するメリットは理解しつつも、まずは楽天モバイルを試してサービス内容に納得できてから楽天カードを作りたい人、一度に楽天モバイルと楽天カードを申し込むのは大変なのでまずは楽天モバイルを申し込みたい人におすすめです。

 

まずは現在持っているクレジットカードで楽天モバイルを契約して、のちのち楽天カードに切り替える方法ですね。

 

 

楽天モバイルの支払い方法の変更

楽天モバイルの支払い方法は、契約後に『my 楽天モバイル』から簡単に変更することができます。

 

『my 楽天モバイル』の「利用料金」→「お支払い方法設定」から支払い方法が変更できますね。

 

実際の、『my 楽天モバイル』の画像は以下の通りです。

 

楽天モバイルの支払い方法の変更

 

なので、のちのち楽天カードを発行できたら、現在のクレジットカードから楽天カードに変更するといいでしょう。

 

③楽天モバイルと楽天カード同時申し込み

おすすめな人
  • 楽天モバイルと楽天カードどちらも使いたい人
  • 同時申し込みキャンペーンを活用したい人

楽天モバイルと楽天カードを同時に申し込むパターンです。

 

楽天モバイルと楽天カードをセットで利用したい人や同時申し込みキャンペーンを活用したい人におすすめです。

 

個人的にも楽天モバイルと楽天カードをセットで利用するとメリットがたくさんあるのでおすすめですね。

 

 

楽天モバイルと楽天カードをセットで使うメリットは、楽天モバイルと楽天カードをセットで使うメリット5つ【同時申込特典あり】にて詳しく解説しています。

 

楽天モバイル+楽天カード同時申し込みキャンペーン

楽天モバイルと楽天カード同時申込キャンペーン

楽天モバイル+楽天カード同時申し込みキャンペーンが開催中です。※2022年6月現在

 

楽天モバイルと楽天カードを同時に申し込むことで、楽天カード新規入会キャンペーンに加えてさらに2,000ポイントもらえます。

 

また、楽天モバイル+楽天カード同時申し込みのやり方は簡単で、キャンペーンページの『楽天モバイルと楽天カードを一緒に申し込む』ボタンから順番に申し込みするだけでOKです。

 

楽天モバイル+楽天カード同時申し込みのやり方

 

楽天モバイルと楽天カードの申し込みの流れ

楽天モバイルと楽天カードの申し込みの流れを順番に解説します。

 

楽天モバイル申し込みの流れ

楽天モバイルの申し込みの流れは以下の通りです。

 

  1. SIMロック解除の確認 ※SIMのみ契約の方
  2. MNP予約番号を取得 ※電話番号を引き継ぐ場合
  3. 楽天モバイルの申し込み
  4. 開通手続きと初期設定を行う
  5. Rakuten Linkの利用条件を達成する

 

今使っている端末をそのまま楽天モバイルでも利用するならSIMロック解除の確認をして、電話番号を引き継ぐならMNP予約番号を取得しておきましょう。

 

楽天モバイルは申し込みから最短2日で手元に届くので、届いたら開通手続きと初期設定を済ませて、キャンペーンの条件である「Rakuten Link」を利用すれば完了です。

 

 

楽天モバイルの申し込み手順の詳細は、楽天モバイルキャンペーンの申し込み手順にて解説しています。

 

楽天カード申し込みの流れ

楽天カード申し込みの流れは以下の通りです。

 

  1. 楽天カードの種類を選ぶ
  2. 楽天カードを作る際の注意点を確認
  3. 楽天カード申し込みに必要なものを準備
  4. 楽天カードの申し込み・審査・受け取り
  5. 楽天カード新規入会ポイントの受け取り

 

楽天カードの種類を選んだら、審査などの注意点を確認し申し込みに必要なものを準備しましょう。

 

楽天カードの申し込みは5分ほどで完了し、約1週間ほどで手元に届きます。

 

楽天カードが届いたら、新規入会ポイントの受け取り手続きを忘れないようにしましょう。

 

 

楽天カードの作り方の詳細は、【失敗しない】楽天カードの作り方|5つの流れで全体図がまる分かり!にて解説しています。

 

まとめ:楽天モバイルは楽天カードを持ってなくても大丈夫

上記で紹介した『楽天モバイルの契約は楽天カード持ってない人でも大丈夫?』を読んでいただくと、楽天カードを持ってない人でも楽天モバイルを無事に契約することができます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

 

まとめ
  • 利用可能なクレジットカード

 ⇨ VISA
 ⇨ Mastercard
 ⇨ JCB
 ⇨ American Express
 ⇨ Diners Club ※端末代金の分割払いは不可

 

  • 楽天カード以外のクレカの注意点

 ⇨ 端末代金の分割手数料:年率12〜15%ほど
 ⇨ 端末代金の分割回数:24回払いのみ、48回払いは不可
 ⇨ 楽天市場のポイント還元率:SPUポイントアップ対象外

 

最初は、楽天カードを持ってないけど楽天モバイルの契約は大丈夫なのかよく分からなかったと思いますが、この記事を読めば楽天カード以外のクレジットカードでも契約できることが理解できます。

 

とはいえ、楽天カードを持つメリットもあるので、検討してみるといいでしょう。

 

是非この機会に、支払い方法を『楽天カード』か『楽天カード以外のクレジットカード』を選んで、楽天モバイルを申し込んでみてください!

 

おすすめの記事