楽天カードに楽天Edyは必要か?【結論、とりあえず付帯しておけばOK】

楽天カードを作る際に、『楽天Edyを付帯させた方がいいのだろうか』と悩んでいませんか?

 

実は、この記事で紹介する『楽天カードに楽天Edyは必要か?』を読んでいただくと、付帯するべきかどうか分かります。

 

なぜなら、僕も実際にEdy機能付き楽天カードを使っていて、メリット・デメリットを熟知しているからです。

 

この記事では、楽天Edyの必要性からメリット・デメリット、買い物するなら楽天カードとどっちがお得なのかまで、ご紹介します。

 

記事を読み終えると、楽天Edyの特徴が理解でき、楽天カードに付帯させるべきか分かります。

楽天Edyとは

楽天Edyとは、プリペイド式電子マネーのことです。

 

事前に必要な分だけチャージし、楽天Edy加盟店でスムーズに買い物できます。

 

楽天Edy加盟店は、全国83万ヶ所以上(※2021年3月1日時点)あり、コンビニやスーパー、ドラックストア、ネットショップ、飲食など、ありとあらゆる場所で利用できますね。

>> 楽天Edyが使えるお店

楽天Edyのポイント還元率

楽天Edyのポイント還元率は以下の通りです。

  • 楽天Edy支払い:200円ごとに1ポイント
  • 楽天カードからチャージ:200円ごとに1ポイント

楽天Edyの還元率は、楽天カードからチャージして、楽天Edy支払いすれば、合計1%還元になります。

楽天カードに楽天Edyは必要か?

楽天カードの申し込み画面で基本情報を入力する際、『Edy機能付帯』を「希望する」もしくは「希望しない」の選択をしないといけません。

楽天カード申し込み画面のEdy機能付帯の欄

結論は、「希望する」を選択しておけばオッケーです。

 

Edy機能の付帯は完全無料ですし、もし使わなくても特に問題はないからです。

 

なので、使うか分からなくても、のちのち使う可能性もありますし、とりあえず付帯しておけばオッケーですね。

Edyオートチャージとは

Edy機能付帯を希望するを選択した人は、Edyオートチャージ設定も同時にできます。

楽天カード申し込み画面のEdyオートチャージの欄

Edyオートチャージとは、Edy残高が設定した金額を下回ると、自動的にチャージしてくれるサービスです。チャージする手間が省けますね。

 

楽天カード申し込み時点で、楽天Edyをよく利用しそうな方はEdyオートチャージを設定しておくといいでしょう。

 

一方、楽天Edyを使うか分からない方は、Edyオートチャージを「申し込まない」を選択しておくといいでしょう。

 

ちなみに、Edyオートチャージの設定は、楽天カード到着後いつでも簡単に変更できます。

楽天Edyのメリット

楽天Edyを利用するメリットをご紹介します。

  • 支払いがスムーズ
  • お金の管理がしやすい
  • キャンペーンが豊富

メリット①:支払いがスムーズ

楽天カードのEdy支払いイメージ

個人的に最大のメリットだと思うのは、支払いがスムーズなことです。

 

店員さんに「楽天Edyで」と伝えて、端末にEdy機能付き楽天カードをタッチするだけで支払いが完了するからです。

 

実際に、支払いしてみると10秒もかからないかと。

 

現金だと、小銭を探したりお釣りをもらう手間がありますし、カード払いでもカードの受け渡しや暗証番号の入力など手間がかかるので、楽天Edyが最もスムーズに支払えますね。

メリット②:お金の管理がしやすい

お金の管理がしやすいメリットがあります。

 

クレジットカードの後払いとは違い、事前にチャージするプリペイド式だからです。

 

実際に、今月使える分だけ事前にチャージしておくと、使いすぎ防止になったり、月の途中で残高に合わせて調整しやすいですね。

 

また、オートチャージを設定した場合でも、オートチャージ金額や1日の上限金額を細かく設定できるので、管理がしやすいかと。

メリット③:キャンペーンが豊富

楽天Edyに関するキャンペーンが毎月、数多く開催されています。

楽天Edyのキャンペーン例

楽天Edyの利用で1%還元(楽天カードからチャージ0.5%+楽天Edy支払い0.5%)されますが、キャンペーンを活用することで、さらにポイントを貯めることができますね。

 

ちなみに、毎月開催されているキャンペーンは以下の通り。

  • Edyスタンプラリー
  • 楽天Edyデビューキャンペーン
  • ポイント山分けキャンペーン

>> 楽天Edyキャンペーン

楽天Edyのデメリット

続いて、楽天Edyのデメリットをご紹介します。

  • 200円未満は切り捨て
  • 1回の支払い毎にポイント付与
  • 払い戻しできない

デメリット①:200円未満は切り捨て

楽天Edy支払いで買い物する際、200円未満の端数に対してポイント付与されません。

 

なぜなら、200円ごとに1ポイント付与されるからです。

 

ちなみに、楽天カードの場合は100円ごとに1ポイント付与されるため、楽天Edyの方がポイントの取りこぼしが大きくなりますね。

 

例えば、198円の支払いをした場合で比べてみましょう。

  • 楽天Edy:0ポイント
  • 楽天カード:1ポイント

楽天Edy支払いでは、ポイント付与されませんが、楽天カードでは1ポイント付与され、さらに端数の98円分は完全に切り捨てられるわけではありません。詳しくは「デメリット②」で解説しますね。

補足:楽天Edyの楽天カードチャージ分に関しては切り捨てなし

楽天Edyの楽天カードチャージで還元されるポイントに関しては、基本的に切り捨てられることはありません。

 

というのも、楽天カードチャージは1,000円単位だからです。

 

そもそも端数が出ないので、チャージした金額全てに対してポイントが付与されますね。

デメリット②:1回の支払い毎にポイント付与

楽天Edyは、1回の支払い毎にポイントが付与されます。

 

なぜ、これがデメリットになるかというと、楽天カードでは1ヶ月の合計金額に対してポイントが付与さるため、楽天Edyの方がポイントの取りこぼしが大きいからです。

 

例えば、1ヶ月に198円の買い物を10回したとしましょう。付与されるポイントは以下の通りです。

  • 楽天Edy:0ポイント
  • 楽天カード:19ポイント

楽天Edy支払いでは200円未満の買い物を何回しようが、ポイント付与ありません。

 

一方、楽天カードでは、月に利用した合計金額に対してポイントが付与されるので、合計した1980円(198円×10回)に対して1%のポイントが付与されますね。

デメリット③:払い戻しできない

チャージした代金は、基本的に払い戻しできないので注意しましょう。

 

楽天カード公式サイトの中で、表記されています。

 

以下の画像をご覧ください。

楽天Edy払い戻しに関する表記

『チャージ(入金)された代金は、ICチップの瑕疵・故障などの場合を除き、払い戻しできません。』と表記されていますね。

楽天カードと楽天Edyどっちがおすすめ?

上記で、楽天Edyのメリット・デメリットを紹介しましたが、結局、楽天カードと楽天Edyどっちがおすすめなのか解説します。

 

結論は、人によって異なりますね。

  • お得さ重視なら ⇨ 楽天カード
  • 利便性重視なら ⇨ 楽天Edy

お得さ重視なら『楽天カード支払い』がおすすめ

お得さ重視なら、基本的に『楽天カード』で支払うといいでしょう。

 

先ほども解説しましたが、楽天Edyよりも楽天カードの方が、ポイントの取りこぼしが少ないからです。

 

楽天カードと楽天Edyの支払いに対するポイントをまとめると、以下のとおり。

楽天カード 楽天Edy
支払い還元率 1% 0.5%
チャージ還元率 - 0.5%
ポイント切り捨て 100円未満 200円未満
ポイント付与対象 1ヶ月の合計金額 1回の支払い毎

ポイントに関しては、楽天カード支払いの方がお得ですね。

キャンペーン活用できるなら楽天Edyがお得になる可能性あり

基本的には楽天カード支払いの方がお得ですが、キャンペーンを活用できるなら楽天Edy支払いの方がお得になる可能性があります。

 

なぜなら、通常のポイント還元に加えて、ポイントが加算されるからです。

 

キャンペーンによって開催時期や内容、条件が異なるので、お得になる場合は積極的にキャンペーンを活用しつつ楽天Edy支払いをするといいでしょう。

利便性重視なら『楽天Edy支払い』がおすすめ

利便性重視なら、『楽天Edy支払い』がおすすめです。

 

楽天カード支払いよりも、スムーズに支払いができるからです。

 

使い方は簡単で、店員さんに「楽天Edyで」と伝え、端末にEdy機能付き楽天カードをタッチするだけで支払いが完了しますね。

 

時間がない時や、コンビニなどでサッと会計したい場合に特に便利かと。

まとめ:楽天カードに楽天Edyを付帯しておけばOK

上記で紹介した『楽天カードに楽天Edyは必要か?』を読んでいただくと、楽天カードに付帯させるべきか分かるだけではなく、楽天Edyのメリット・デメリットまで理解できたかと思います。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  • 楽天カードにEdy機能を付帯しよう
    ⇨完全無料で楽天Edyを付帯できるので、使うか分からない人もとりあえず付帯しておけばOK
  • Edyオートチャージ設定
    ⇨楽天カード到着後、いつでも簡単に設定可能
  • 楽天Edyと楽天カードどっちがおすすめ
    ⇨お得さ重視なら『楽天カード』
    ⇨利便性重視なら『楽天Edy』

最初は楽天Edyってどんなサービスなのかよく分からない方も多いかと思いますが、この記事を読んでいただければ必要性からメリット、デメリットまで理解できたかと。

 

楽天Edyを使う分からない人でも、完全無料なので楽天カードにとりあえず付帯させておくといいでしょう。

 

是非、楽天カードには楽天Edy機能を付帯させ、上手に活用しつつポイントをざくざく貯めちゃいましょう!

>> 楽天カード

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事