【全5社を徹底比較】楽天モバイル利用者におすすめの光回線とは?

悩んでる人
・楽天モバイル利用者におすすめの光回線を知りたい!
・光回線の料金やキャンペーンの違いは?
・楽天モバイルと楽天ひかりセット割は?
・楽天ひかりって実際どうなんだろう?

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

 

これから紹介する『楽天モバイル利用者におすすめの光回線』を読んでいただくと、楽天モバイル利用者だからこそお得に契約できる光回線がわかります。

 

なぜなら、楽天モバイルの利用者かつ光回線を利用している僕が、実際の経験をもとに詳しく解説するからです。

 

ここでは、楽天モバイル利用者におすすめの光回線はどれか結論から紹介し、光回線の違いやおすすめな理由、契約前の注意点までご紹介しますね。

 

読み終えていただければ、今後は光回線選びで悩むことは一切なくなり、楽天モバイル利用者にとってベストな光回線を選ぶことができます。

楽天モバイル利用者におすすめの光回線は一択

楽天モバイル利用者におすすめの光回線は『楽天ひかり』です。

 

なぜなら、楽天モバイルに限らずですが、スマホと光回線を同じ会社で契約した方がお得になるからです。

 

実際に、光回線の月額基本料はそこまで大差はありませんが、各社スマホと光回線をセットで契約するとお得になる特典が用意されていますね。

 

なので、楽天モバイルなら楽天ひかりがおすすめですし、ドコモならドコモ光、auならauひかり、ソフトバンクならソフトバンク光がおすすめといった感じです。

 

 

楽天モバイルだけど他の光回線がおすすめな人

楽天モバイル利用者なら楽天ひかりがおすすめと紹介しましたが、オンラインゲームや株取引など「1秒もラグが許されない!」という方は楽天ひかりはおすすめしません。

 

なぜなら、光回線の中では通信速度が遅めだからです。

 

以下の表を見てください。

光回線 平均速度 最大速度
楽天ひかり 186.59Mbps 1Gbps
ドコモ光 255.58Mbps 1Gbps
ソフトバンク光 302.23Mbps 1Gbps
Auひかり 387.88Mbps 1Gbps
NURO光 486.05Mbps 2Gbps

参考:みんなのネット回線速度

 

なので「1秒もラグが許されない!」という方は、超高速回線の『NURO光』がおすすめです。

 

とはいえ、『楽天モバイル』の平均180Mbps以上もあれば、動画やSNS、ゲームなど十分すぎるくらい快適に利用できるのでほとんどの方は問題ないかと。

 

光回線5社の違いを徹底比較

冒頭で解説した通り、楽天モバイル利用者におすすめの光回線は『楽天ひかり』ですが、他の光回線と比較して本当にお得なのか理解するために、光回線5社の違いを紹介します。

 

お得さを比較するために、「月額料金」と「キャンペーン」の違いを順番に見ていきましょう。

 

比較①:月額料金の違い

まずは、月額料金を比較しましょう。

光回線 月額料金(税込)
マンション 戸建て
楽天ひかり 4,180円 5,280円
ドコモ光 4,400円 5,720円
ソフトバンク光 4,180円 5,720円
Auひかり 4,180円 5,610円
NURO光 5,200円 5,200円

 

光回線の月額料金は似たような金額ですが、『楽天モバイル』の月額料金はそもそも安いことがわかるかと。

 

比較②:キャンペーンの違い

続いて、スマホセット割やキャッシュバックなどのキャンペーンを比較しましょう。

 

月額料金ではほとんど差がなかった分、各社キャンペーンで多少ですが違いが出ますね。

 

キャンペーンの違いは以下の通りです。

光回線 キャンペーン
スマホセット割 キャッシュバック
楽天ひかり 楽天ひかり1年無料 ・SPU+1倍

・楽天ポイントプレゼント

ドコモ光 ドコモのスマホ月額料金最大1,100円引き ・新規契約20,000円キャッシュバック

・工事費無料キャンペーン

・dポイントプレゼント

ソフトバンク光 ソフトバンクのスマホ月額料金最大1,100円引き ・新規契約36,000円キャッシュバック

・他社解約金サポート

Auひかり auのスマホ月額料金最大1,100円引き ・申し込み窓口独自キャンペーン

・工事費無料キャンペーン

・他社解約金サポート

NURO光 ソフトバンクのスマホ月額料金最大1,100円引き ・選べるキャンペーン

 →1年間月額980円
 →43,000円キャッシュバック

・工事費無料キャンペーン

 

楽天ひかりのキャンペーンがお得

上記のとおり、楽天ひかりのキャンペーンは他の光回線と内容が少し異なりますが、楽天ひかりの方がお得です。

 

理由は以下の通りです。

  • スマホ月額料金割引はないけど、そもそも安い
  • 楽天ひかり1年無料は他社のキャッシュバック以上

 

楽天ひかりのキャンペーンにはスマホ月額料金割引がないけど、そもそも楽天モバイルの月額料金がドコモやソフトバンク、auと比べて圧倒的に安いですね。

 

また、他社のスマホ月額料金割引は最大で1,100円引きでして、スマホの料金プランが安いと割引金額が低くなるので注意しましょう。

 

さらに、他社にはキャッシュバックがありますが、楽天ひかり1年無料の方がお得ですね。

 

というのも、1年無料で5万円〜6万円分お得になるからです。

 

『楽天モバイル×楽天ひかり』がおすすめな理由

楽天モバイル利用者は楽天ひかりがお得なのが理解できたところで、さらに詳しくおすすめな理由を見ていきましょう。

 

おすすめな理由の概要は以下の通りです。

  • 楽天ひかり1年無料
  • SPUでポイント+1倍

 

順番に解説しますね。

 

おすすめ①:楽天ひかり1年無料

楽天ひかり1年無料キャンペーン

先ほども解説しましたが、楽天モバイル利用者なら楽天ひかりを1年無料で利用できます。

 

光回線を1年も無料で利用できるのはかなりお得かと。

 

実際に金額に直すと以下の通りです。

  • マンション:50,160円(税込4,180円 × 12ヶ月)
  • 戸建て:63,360円(税込5,280円 × 12ヶ月)

 

楽天モバイル利用者なら5万円〜6万円もお得になるので、楽天ひかりがおすすめですね。

 

1年無料キャンペーン内容

楽天ひかり1年無料キャンペーンの期間や条件を確認しておきましょう。

 

以下の画像は、公式サイトから引用したものです。

楽天ひかり1年無料キャンペーンルール

 

適応条件は難しくなく、楽天モバイル利用者ならキャンペーン期間中に楽天ひかりに申し込めばOKですね。

 

また、キャンペーン期間は終了未定になっていまして、いつ終了するかは楽天サイドにしかわかりません。

 

キャンペーンの変更や終了もあり得るので、必要な方はできるだけ早めに申し込みしておくといいでしょう。

 

おすすめ②:SPUでポイント+1倍

楽天ひかりSPUポイント+1倍

楽天ひかりはSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象でして、楽天市場での買い物がポイント+1倍アップします。

 

楽天モバイルと合わせて楽天ひかりも利用すればSPUでポイントアップがかなり加速しますね。

 

例えば、ポイント最大5.5倍は誰でも簡単に狙えるかと!

楽天ひかりの利用でSPU+5.5倍の例

 

楽天ひかりを利用してSPUだけでポイント5.5倍にアップさせつつ、他のキャンペーン(5と0のつく日お買い物マラソン)も併用すれば、楽天市場での買い物がかなりお得になりますね。

 

楽天ひかり契約前に知っておくべき注意点

最後に、楽天ひかりの契約前に知っておくべき注意点を解説します。

 

注意点の概要は以下の通りです。

  1. 契約期間は3年
  2. IPv6対応ルーターが必要
  3. 工事費無料キャンペーンはなし

 

順番に見ていきましょう。

 

注意点①:契約期間は3年

光回線には契約期間が2年または3年で設定されているのが基本ですが、楽天ひかりの契約期間は長めの3年なので注意しましょう。

 

実際に光回線5社の契約期間を見てみましょう。

光回線 契約期間 解約金
楽天ひかり 3年間 税込10,450円
ドコモ光 2年間 ・マンション:税込8,800円

・戸建て:税込14,300円

ソフトバンク光 2年間 税込10,450円
Auひかり ・マンション:2年間

・戸建て:3年間

・マンション:税込7,700円

・戸建て:税込16,500円

NURO光 2年間 税込10,450円

 

契約更新月以外に解約すると税込10,450円かかるので注意してください。

 

とはいえ、光回線5社の解約金を比べてみると、楽天ひかりの解約金は良心的かと。

 

楽天ひかりの契約更新月

楽天ひかりの契約更新月

楽天ひかりの契約更新月は『開通月翌月を1ヶ月目とし、36ヶ月目〜38ヶ月目の3ヶ月間』です。

 

例えば、2021年9月に契約したとすると契約更新月は2024年9月〜11月ですね。

 

解約金を払わずに解約したい場合は、契約更新月の3ヶ月の間に解約しましょう。

 

注意点②:IPv6対応ルーターが必要

楽天ひかりを利用するにあたって、IPv6対応ルーターを準備しましょう。

 

というのも、レンタルルーターがないからです。

 

IPv6対応ルーターは楽天市場で販売されていますね。

 

人気商品は以下の通りです。

 


その他のIPv6対応ルーターを見たい方は、公式サイトから一覧で見れます。

 

注意点③:工事費無料キャンペーンはなし

他社の光回線では工事費無料キャンペーン(※条件付き)を実施しているところもありますが、楽天ひかりにはありません。

 

なので、工事が必要な方は下記の工事費がかかります。

人員派遣 屋内配線の新設 工事費
マンション あり あり 税込16,500円
あり なし 税込8.360円
なし - 税込2,200円
戸建て あり あり 税込19,800円
あり なし 税込8.360円
なし - 税込2,200円

 

工事費は建物のタイプや工事内容によって異なりますが、楽天ひかり申し込み後の電話で正確な費用を確認できますね。

 

工事費不要のケース

すでにフレッツ光や光コラボの回線を使っている人は、工事費はかかりません。

 

なぜなら、楽天ひかりはフレッツ光回線を利用している光コラボだからです。

 

同じ回線なので、工事が不要ということですね。

 

まとめ:楽天モバイル利用者におすすめの光回線は『楽天ひかり』

上記で紹介した『楽天モバイル利用者におすすめの光回線』を読んでいただければ、今後はおすすめの光回線がどこか悩むことは一切なくなり、最もお得な光回線を選ぶことができます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

楽天モバイル利用者におすすめの光回線
  • 楽天ひかり
    → 楽天モバイルとセットでお得
  • お得な理由
    → 楽天ひかり1年無料(5万円〜6万円お得)
    → SPUでポイント+1倍
  • 注意点
    → 契約期間は3年
    → IPv6対応ルーターが必要
    → 工事費無料キャンペーンはなし

 

最初は光回線を提供している会社が数多くあるので悩むかと思いますが、この記事を読んでいただければ『楽天モバイル利用者は楽天ひかりがお得!』であると理解できたかと。

 

光回線をお得に契約するにはスマホと同じ会社で契約するのがベストでして、楽天モバイルなら楽天ひかりを利用しましょう。

 

また、楽天ひかりは他社の光回線よりもそもそも月額料金が安かったり、キャンペーンがお得なのでよりおすすめできますね!

 

ぜひ、この機会に楽天ひかりを利用してみてください。

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事