【2021年版】楽天ポイントの獲得上限まとめ|各キャンペーンごとに解説

悩んでる人
・楽天ポイントの獲得上限をまとめて知りたい!
・獲得上限ポイントの正しい見方は?

 

こんな悩みが解決できる記事です。

 

この記事を読んだことで『獲得上限ってそうゆう感じで確認すればいいのか!各キャンペーンの獲得上限はこのくらいか!』と理解できます!

 

普段から楽天市場で買い物している僕が、主要キャンペーンすべての獲得上限ポイントをまとめます。

 

この記事では『獲得上限を計算するにあたって必要な基礎知識、各キャンペーンの獲得上限まとめ』についてわかりやすく解説します。

楽天ポイント獲得上限の基礎知識

まずは、楽天ポイント獲得上限に関する基本的な考え方を確認しましょう。

 

なぜなら基本的な考え方がわからないと、獲得上限ポイントを正しく計算できないからです。

 

基礎知識は以下のとおり。

  • 通常ポイントは獲得上限なし
  • 獲得上限は各キャンペーンごとに計算
  • 獲得上限はキャンペーンの実質倍率で計算

 

基礎知識①:通常ポイントは獲得上限なし

楽天市場の買い物で、楽天会員なら誰でももらえる「通常ポイント1%」には、上限はありません。

 

一方、キャンペーンでもらえるポイントに関しては、上限が設定されていますね。

 

つまり、獲得上限ポイントを気にする際には、「通常ポイント」は関係なく、キャンペーンでもらえるポイントだけ気にすればOKですね。

 

基礎知識②:獲得上限は各キャンペーンごとに計算

獲得上限は各キャンペーンごとに計算しましょう。

 

というのも、楽天市場ではキャンペーンを併用して買い物することが多いですが、併用する際に合計して計算している方がいるからです。

 

例えば、楽天市場で『買い回りキャンペーン(3%)』と『5と0のつく日(2%)』を併用して、合計30,000円購入した場合の間違った例と正しい例を紹介します。

×:間違った例
  • 獲得上限ポイント:10,000ポイント(買い回り上限7,000p + 5と0のつく日上限3,000p)
  • 獲得ポイント:1,500ポイント(買い回り3%で900p + 5と0のつく日2%で600p)
◎:正しい例
  • 買い回り:上限7,000ポイントに対して獲得900ポイント
  • 5と0のつく日:上限3,000ポイントに対して獲得600ポイント

 

つまり獲得上限ポイントも獲得ポイントも合計して計算するのではなく、各キャンペーンごとにそれぞれ計算する感じですね!

 

基礎知識③:獲得上限はキャンペーンの実質倍率で計算

獲得上限ポイントは各キャンペーン実質倍率で計算しましょう。

 

なぜなら、楽天市場のキャンペーンは見栄えよくするために「通常ポイント」が含まれた倍率で表記されているからです。

 

例えば「勝ったら倍」キャンペーンは+2倍〜4倍と表記されていますが、その中には「通常ポイント+1倍」が含まれているので実質倍率は+1倍〜+3倍ですね。

 

なので表記されている倍率そのままで、獲得ポイントを計算してしまうと、獲得上限ポイントが正しく計算できないので注意しましょう。

 

必ず各キャンペーンの実質倍率で計算してください!

 

続いて、獲得上限の基本的な考え方を押さえつつ、実際に各キャンペーンごとの獲得上限ポイントを見ていきましょう。

 

楽天ポイント獲得上限まとめ【各キャンペーンごとに解説】

楽天ポイント獲得上限を各キャンペーン別にまとめてご紹介します。

 

各キャンペーンは以下のとおりです。

  • SPU
  • 買い回り(お買い物マラソン・楽天スーパーセール)
  • 5と0のつく日
  • 勝ったら倍
  • 毎月1日ワンダフルデー
  • 毎月18日ご愛顧感謝デー
  • 39ショップ

 

各キャンペーンの獲得上限ポイント一覧は以下のとおりです。

楽天ポイント獲得上限一覧表

 

順番にさらに詳しくに見ていきましょう。

 

SPUの獲得上限ポイント

楽天SPU最大15倍

最大15倍の内訳
  • 通常ポイント+1倍
  • SPUポイント最大14倍

SPUの獲得上限ポイントは大きめです。

 

というのも、対象サービスによって異なりますが、月間獲得上限は5,000ポイント〜15,000ポイントで、月間上限額に直すと最低でも50万円以上使わないと超えないからです。

 

なので、金額が大きなものをまとめて購入する場合のみ気をつけるくらいでいいかと!

 

対象サービスごとの獲得上限ポイントは以下のとおりです。

 

SPU獲得上限ポイント1
SPU獲得上限ポイント2

※1:会員ランク別
SPU獲得上限ポイント3

 

買い回りの獲得上限ポイント

楽天買い周りキャンペーンのイメージ

最大10倍の内訳
・通常ポイント+1倍
・買い回りポイント+1倍〜+9倍

買い回りキャンペーンの獲得上限は7,000ポイントです。

 

ただし、買い回りショップ数が増えると、倍率も増えるので、上限金額は小さくなっていきます。

 

以下の表を見てください!

買い回り獲得上限ポイント

 

5と0のつく日の獲得上限ポイント

5倍の内訳
  • 通常ポイント+1倍
  • 楽天カード利用通常ポイント+1倍(SPU)
  • 楽天カード利用特典ポイント+1倍(SPU)
  • 5と0のつく日キャンペーンポイント+2倍

5と0のつく日の5倍には、「通常ポイント」だけではなく「SPUポイント」も含まれているので、実質倍率は+2倍です。

 

+2倍の獲得上限ポイントは以下のとおり。

5と0のつく日獲得上限ポイント

 

勝ったら倍の獲得上限ポイント

楽天「勝ったら倍」キャンペーン

最大4倍の内訳
  • 通常ポイント+1倍
  • 勝ったら倍キャンペーンポイント+1倍〜+3倍

勝ったら倍のポイントは、楽天会社がスポンサーの3チーム(楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナ)が勝った翌日にポイントアップし、勝利チーム数が多ければ多いほど倍率も上がりますね。

 

獲得上限ポイントは以下のとおりです。

勝ったら倍獲得上限ポイント

 

毎月1日ワンダフルデーの獲得上限ポイント

楽天ワンダフルデーのイメージ

最大3倍(リピート購入で最大4倍)の内訳
  • 通常ポイント+1倍
  • ワンダフルデーポイント+2倍
  • リピート購入ポイント+1倍

毎月1日に開催されるワンダフルデー3倍と同時開催されるリピート購入2倍を併用できますが、どちらも「通常ポイント」を含んだ表記になっているので、併用して最大4倍(実質最大3倍)ですね。

 

獲得上限ポイントは以下のとおりです。

ワンダフルデー獲得上限ポイント

 

毎月18日ご愛顧感謝デーの獲得上限ポイント

楽天ご愛顧感謝デーのイメージ

最大4倍の内訳
  • 通常ポイント+1倍
  • ご愛顧感謝デーポイント+1倍〜+3倍

毎月18日に開催されるご愛顧感謝デーは、会員ランク別にポイントアップします。

 

表記されている倍率は最大4倍ですが、「通常ポイント」が含まれるので実質最大3倍ですね。

 

獲得上限ポイントは以下のとおりです。

ご愛顧感謝デー獲得上限ポイント

 

39ショップの獲得上限ポイント

楽天39ショップキャンペーン

2倍の内訳
  • 通常ポイント+1倍
  • 39ショップポイント+1倍

送料無料ライン対応ショップ(39ショップ)での買い物が対象となるキャンペーンです。

 

ポイント倍率の表記は2倍ですが、「通常ポイント」が含まれるので実質+1倍ですね。

 

獲得上限ポイントは以下のとおり。

39ショップ獲得上限ポイント

 

まとめ:楽天ポイント獲得上限以内で買い物しよう!

上記で紹介した『楽天ポイントの獲得上限まとめ』を読んでいただくと、楽天市場の各キャンペーンの獲得上限ポイントが理解でき、上限まで思う存分買い物を楽しむことができます!

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

獲得上限ポイント一覧表
楽天ポイント獲得上限一覧表

 

楽天市場には数多くのキャンペーンがあり獲得上限ポイントも異なるので確認するのも手間かと思いますが、上限を超えればもらえるはずのポイントがもらえなくなるので損ですね。

 

なので、この記事をブックマークして必要なときに使っていただけると幸いです。上限まで思う存分買い物を楽しみましょう!

>> 楽天市場

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事