【2021年12月最新】楽天スーパーセール獲得上限ポイントはいくら?

悩んでる人
・楽天スーパーセールの獲得上限ポイントは?
・いくらまでならポイント上限をオーバーしない?
・楽天スーパーセールの正しい計算方法を知りたい!

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

 

これから紹介する『楽天スーパーセールの獲得上限ポイントはいくら?』を読んでいただくと、最新の楽天スーパーセール獲得上限ポイントがいくらなのか分かります。

 

なぜなら、楽天スーパーセールを毎回チェックしている僕が、最新情報をもとに解説するからです。

 

ここでは、最新の楽天スーパーセール獲得上限ポイントがいくらなのか解説して、いくらまで購入すると上限をオーバーするのか、獲得上限ポイントの正しい計算方法まで解説しますね。

 

読み終えていただければ、今後はポイント上限を思わずオーバーすることなく、計画的に買いまわりすることができます。

【2021年12月最新】楽天スーパーセール獲得上限ポイントはいくら?

最新の楽天スーパーセールの獲得上限ポイントは以下のとおりです。

 

2021年12月4日〜
獲得上限ポイント:7,000ポイント

 

2021年12/4〜の楽天スーパーセール公式サイトの画像を見てください。

2021/12楽天スーパーセールポイント上限

 

つまり、楽天スーパーセール期間中たくさん買いまわりしたとしても、最大で7,000ポイントまでしかもらえないので注意しましょう。ポイントの計算方法は後ほど詳しく解説しますね。

 

 

獲得上限ポイント10,000から7,000ポイントに変更

以前は、楽天スーパーセールの獲得上限ポイントは10,000ポイントでしたが、2021年6月から7,000ポイントに変更されましたね・・・。

 

過去の楽天スーパーセールの獲得上限ポイントの推移をまとめると以下のとおりです。

 

獲得上限ポイントの推移
  • 2021年12月:上限7,000ポイント
  • 2021年9月:上限7,000ポイント
  • 2021年6月:上限7,000ポイント
  • 2021年3月:上限10,000ポイント

 

2021年3月までは獲得上限10,000ポイントでしたが、2021年6月以降は7,000ポイントに改悪されています。

 

なので、今後もしばらくは獲得上限7,000ポイントのままかと。

 

いくらまでならポイント上限をオーバーしない?

獲得上限ポイントがいくらまでか分かったけど、結局いくらまで購入するならポイント上限をオーバーしないのか解説します。

 

以下、購入ショップ数・ポイント倍率ごとの上限購入金額の表を見てください。

買いまわりショップ数 ポイント倍率
※通常ポイント1倍含む
上限購入金額
1ショップ 1倍 -
2ショップ 2倍 700,000円
3ショップ 3倍 350,000円
4ショップ 4倍 233,400円
5ショップ 5倍 175,000円
6ショップ 6倍 140,000円
7ショップ 7倍 116,700円
8ショップ 8倍 100,000円
9ショップ 9倍 87,500円
10ショップ以上 10倍 77,800円

 

買いまわりショップ数が多いほどポイント倍率も上がりますが、その分上限購入金額は低くなります。

 

なので、買いまわりショップ数が多ければ多いほど、上限ポイントをオーバーしやすくなるので注意しましょう。

 

とはいえ、購入合計金額が78,000以上にならなければ、獲得上限7,000ポイントをオーバーすることはないので、1つの目安として『78,000円』以上購入する場合に上限ポイントを意識するといいかと。

 

楽天スーパーセール獲得上限ポイントの計算方法

楽天スーパーセールの獲得上限ポイントを正しく計算するためには、以下3点を確認しましょう。

 

チェックポイント3つ
  1. 買いまわりポイントの内訳
  2. 買いまわり特典ポイントの計算式
  3. 獲得上限ポイントには他のキャンペーン分は含まれない

 

順番に解説しますね。

 

①買いまわりポイントの内訳

楽天ショップ買いまわりポイント倍率

楽天スーパーセールの買いまわりポイント最大10倍の内訳を確認しましょう。

 

というのも、買いまわりポイントには通常ポイント1倍が含まれていて、獲得上限ポイントに該当するのは通常ポイント1倍を除いた、特典ポイントの部分のみだからです。

 

つまり、獲得上限ポイントを正しく計算するには、ポイント倍率をそのまま計算するのではなく、通常ポイント1倍を除いた特典ポイントのみを計算する必要があるということですね。

 

以下、買いまわりショップ数ごとのポイント倍率・内訳を見てください。

買いまわりショップ数 ポイント倍率 ポイント内訳
1ショップ 1倍 通常ポイント1倍
2ショップ 2倍 通常ポイント1倍

特典ポイント1倍

3ショップ 3倍 通常ポイント1倍

特典ポイント2倍

4ショップ 4倍 通常ポイント1倍

特典ポイント3倍

5ショップ 5倍 通常ポイント1倍

特典ポイント4倍

6ショップ 6倍 通常ポイント1倍

特典ポイント5倍

7ショップ 7倍 通常ポイント1倍

特典ポイント6倍

8ショップ 8倍 通常ポイント1倍

特典ポイント7倍

9ショップ 9倍 通常ポイント1倍

特典ポイント8倍

10ショップ以上 10倍 通常ポイント1倍

特典ポイント9倍

 

例えば、10ショップ買いまわりして合計購入金額が75,000円の場合、

獲得ポイントは『75,000円 × 10倍 = 7,500ポイント』ですが、獲得上限ポイントオーバーではありません。

 

ポイント内訳
  • 通常ポイント1倍分:750ポイント
  • 特典ポイント9倍分:6,750ポイント

 

あくまでも、獲得上限7,000ポイントに該当するのは特典ポイントの6,750ポイントの部分だからです。

 

②買いまわり特典ポイントの計算式

楽天スーパーセールの買いまわりポイントの内、特典ポイントのみを求める計算式は以下のとおりです。

 

計算式
合計購入金額 × (ショップ数 - 1) × 1% = 特典ポイント

 

上記の計算式に当てはめれば、通常ポイント1倍を除いた特典ポイントのみ求めることができます。

※計算式の『- 1』が通常ポイント1倍を除いて計算している部分です

 

例えば、先ほどと同じく10ショップ買いまわりして合計金額が75,000円の場合、

 

計算例
75,000円 × (10ショップ - 1) × 1%
= 75,000円 × 9 × 1%
= 6,750ポイント

 

確かに、通常ポイント1倍(750ポイント)を除いた、特典ポイント6,750のみ求めることができたかと。

 

なので、計算式『合計購入金額 × (ショップ数 - 1) × 1%』に当てはめて計算すれば特典ポイントのみ求めることができるので、獲得上限ポイントをオーバーしないか計算したい方は、活用してみてください。

 

 

買いまわりポイントの早見表・計算方法を詳しく知りたい方は、下記にも目を通しましょう。

 

③獲得上限ポイントには他のキャンペーン分は含まれない

楽天スーパーセールの獲得上限ポイントには、他のキャンペーンでもらえるポイント分は含まれません!

 

というのも、各キャンペーンごとに獲得上限ポイントが設定されていているからです。

 

つまり、獲得上限7,000ポイントには「SPU」や「5と0のつく日」などでもらえるポイントは含まれないということです。

 

とはいえ、楽天スーパーセール期間中、たくさん買いまわりすると他のキャンペーンの獲得上限ポイントもオーバーする可能性があるので、各キャンペーンの獲得上限ポイントも確認しておいた方がいいかと。

 

楽天スーパーセールと併用可能キャンペーンの獲得上限ポイントをまとめると以下のとおりです。

キャンペーン ポイント倍率 獲得上限ポイント
SPU 最大15倍 ※2021/12現在 5,000〜15,000
5と0のつく日 5倍(実質2倍) 3,000 ※月間
勝ったら倍 最大4倍(実質3倍) 1,000
39キャンペーン 2倍(実質1倍) 3,000

 

 

 

 

各キャンペーンごとの獲得上限ポイントを詳しく知りたい方は、下記にも目を通してください。

 

楽天スーパーセールのポイント付与日と有効期限

楽天スーパーセールのポイント付与日と有効期限は以下のとおりです。

 

  • 付与日:楽天スーパーセールの翌月15日ごろ
  • 有効期限:楽天スーパーセールの翌々月末まで

 

楽天スーパーセールの買いまわりポイントは翌月の15日ごろに付与され、有効期限は翌々月末までですね。

 

具体的に2021年12月4日〜12月11日開催の楽天スーパーセールの付与日と有効期限を見てみましょう。

 

2021年12/4〜12/11
・付与日:2022年1月15日ごろ
・有効期限:2022年2月28日23:59まで

 

付与されてから約1ヶ月半しか有効期限がないので、ポイントを失効させないように使い切りましょう。

 

 

楽天ポイントのお得な使い方を知りたい方は、下記にも目を通してください。

 

楽天スーパーセールでよくある質問

楽天スーパーセールでよくある質問を「Q&A」形式でまとめて紹介します。

 

 

「ショップ買いまわり」の参加方法は?

楽天スーパーセールのキャンペーンペーからエントリーすると参加できます。

 

同じショップで2回買い物して合計1,000円(税込)以上の場合、1ショップとしてカウントされる?

カウントされます。1ショップでの合計購入金額が1,000円(税込)以上で1カウントです。

ただし、同じショップで1,000円(税込)以上の買い物を2回以上しても、1ショップとしてカウントされます。

 

ポイントを使った買い物も、ショップ買いまわり対象ですか?

 

 

楽天スーパーセールの次回開催日はいつ?

楽天スーパーセールは毎年3月・6月・9月・12月に開催されると予想できます。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

 

まとめ:楽天スーパーセールはポイント上限内で買いまわろう!

上記で紹介した『楽天スーパーセールの獲得ポイント上限はいくら?』を読んでいただくと、今後は楽天スーパーセールの獲得上限ポイントを超えないか悩むことは一切なくなり、計画的に買いまわりできます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

 

まとめ
  • 獲得上限ポイント
    → 7,000ポイント(2021年12月4日〜)
  • いくらまでならオーバーしない?
    買いまわりショップ数 ポイント倍率
    ※通常ポイント1倍含む
    上限購入金額
    1ショップ 1倍 -
    2ショップ 2倍 700,000円
    3ショップ 3倍 350,000円
    4ショップ 4倍 233,400円
    5ショップ 5倍 175,000円
    6ショップ 6倍 140,000円
    7ショップ 7倍 116,700円
    8ショップ 8倍 100,000円
    9ショップ 9倍 87,500円
    10ショップ以上 10倍 77,800円
  • 正しい計算方法
    → ポイントの内訳『通常ポイント1倍含む』
    → 計算式『合計購入金額 × (ショップ数 - 1) × 1% = 特典ポイント』
    → 獲得上限ポイントには他のキャンペーン分は含まれない

 

最初は楽天スーパーセールの獲得上限ポイントはいくらなのか?いくらまで購入するなら上限ポイントをオーバーしないかよく分からなかったと思いますが、この記事を読んでいただければ悩むことなく計画的に買いまわりできるかと。

 

ぜひ、獲得上限をオーバーして損することなく、計画的に楽天スーパーセールでお得に買いまわりしてみてください!

 

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事