楽天モバイルに申し込みできない時にすべきこと|10の原因と対処法!

悩んでる人

・楽天モバイルに申し込みできない…
・楽天モバイル申し込み時にエラーになる
・楽天モバイル申し込み画面に何も表示されない
・楽天モバイル申し込みできない原因と対処法は?

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

 

これからご紹介する『楽天モバイルに申し込みできない時にすべきこと』を読むことで、楽天モバイル申し込み時のエラーの対処法がわかります。

 

なぜなら、楽天サービス専門家の僕が、よくあるエラーの原因と対処法を分かりやすくまとめて解説するからです。

 

ここでは、『申し込みできない時にまず試すべきこと』から紹介して『申し込みできない10の原因と対処法』をご紹介しますね。

 

読み終えていただければ、楽天モバイル申し込み時にエラーが出ても、対処法がわかり無事に申し込みできます。

楽天モバイルに申し込みできない時にまず試すべきこと

楽天モバイルの申し込みの際にエラー画面が表示されたり、画面に何も表示されなくて申し込みできない時にまず試して欲しいのが、「スマホやパソコンを再起動」することです。

 

一度電源を切ってから起動させるとシステムやアプリ、メモリの状態がリセットされることで、エラーが解消されることがあるからです。

 

また、最も簡単な方法なので、申し込みできない時はスマホやパソコンの再起動をまず試してみるといいでしょう。

 

 

楽天モバイルに申し込みできない10の原因と対処法

スマホやパソコンを再起動しても楽天モバイルに申し込みできない場合は、以下の10の原因を順番に対処してみましょう。

 

原因と対処法
  1. ブラウザの確認
  2. 支払い方法の確認
  3. 入力中のオーダー
  4. 名義人の確認
  5. 楽天会員IDの確認
  6. 楽天ポイントの変更
  7. キャッシュのクリア
  8. 時間をおいて再度アクセス
  9. 料金未払いの確認
  10. 18歳未満の契約

 

順番に解説しますね。

 

①ブラウザの確認

推奨ブラウザで申し込みしているか確認しましょう。

 

楽天モバイルが推奨しているブラウザは以下の3つです。

推奨ブラウザ
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

 

Internet Exploreなど推奨ブラウザ以外を利用している方は、推奨ブラウザを利用してみましょう。

 

②支払い方法の確認

支払い方法の内容が間違っていないか確認しましょう。

 

クレジットカード登録時は「カード番号」や「カード名義」、「有効期限」、「セキュリティコード」など入力ミスがないか確認してみてください。

 

入力に間違いがないのに申し込みできない場合は、支払い方法を別のクレジットカードや口座振替に変更して試すのもいいでしょう。

 

ちなみに、支払い方法は申し込み後、変更することが可能です。

 

 

エラーコード(0001,0002,0003,0004等)が表示された場合

支払い方法変更時に、下記のようなエラーコード(0001,0002,0003,0004等)が表示され登録できない場合は、コミュニケーションセンターに問い合わせましょう。※楽天モバイル公式サイトでも案内されています

楽天モバイル申し込み時のクレジットカードが登録できない場合のエラー

 

③入力中のオーダー

楽天モバイル申し込みの入力途中のオーダーが残っていれば、新たに申し込みできません。

 

同時に複数の申し込みができないからです。

 

なので、入力途中のオーダーを削除してから申し込みし直すか、入力途中のオーダーの続きから申し込みしましょう。

 

ちなみに、入力中のオーダーがある場合、下記の警告が表示されます。

楽天モバイル申し込み時の入力中のオーダーが残っているエラー

 

④名義人の確認

本人確認書類と契約者情報が一致しない場合はエラーが出ます。

 

苗字や住所が変わっている、家族で利用しているなどの場合は、正しい名義に変更した上で申し込みしましょう。

 

⑤楽天会員IDの確認

楽天会員IDと申し込み登録情報は本人確認書類と一致しているか確認しましょう。

 

また、家族の共通のパソコンなどを利用している方は、間違って家族のIDでログインしていないか注意してください。

 

⑥楽天ポイントの変更

端末代金の支払いに利用できるポイント数を超えて、エラーになり決済できない場合があります。

 

というのも、会員ランクによって利用ポイント上限があるからです。

利用ポイント上限
  • ダイヤモンド会員以外:30,000pt
  • ダイヤモンド会員:50,000pt

 

例えば、ダイヤモンド会員以外が80,000円の端末を購入する場合30,000ptまで利用できますが、下記の画像の「すべてのポイントを使う」ではなく「一部のポイントを使う」を選択して、上限の30,000pt以下を入力する必要があります。

楽天モバイル申し込み時の楽天ポイントの選択

 

 

⑦キャッシュのクリア

申し込み手続きの途中で画面が白くなったり、エラー画面が表示されたり、画面に何も表示されなくなったりする場合は、キャッシュをクリアしてから再度申し込みしてみましょう。

 

キャッシュが溜まりすぎてスマホの動作が重くなっている可能性があるからです。

 

⑧時間をおいて再度アクセス

しばらく時間をおいてから再度アクセスして申し込みしてみましょう。

 

というのも、楽天モバイル側のエラーで一時的に申し込みできないケースがあるからです。

 

例えば、メンテナンスやキャンペーン終了間際などにアクセスが集中するなど、申し込みができないケースですね。

 

⑨料金未払いの確認

乗り換え前の携帯会社で未払いがあったり、過去に未払いしていると、楽天モバイルの申し込みができないケースがあります。

 

滞納される可能性があると判断されれば、そもそも審査に通らないからです。

 

なので、未払いしてはいけませんし、もし未払いがあるのであればしっかり支払ってから楽天モバイルに申し込むのが最低条件です。

 

⑩18歳未満の契約

18歳未満の未成年が1人で申し込みすることはできません。

 

親の同意が必要です。

 

楽天モバイル申し込み時に「法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書」のアップロードが必須となっています。

 

 

楽天モバイルに申し込みできない時は始めからやり直そう

上記で解説した楽天モバイルに申し込みできない原因と対処法を確認したら、まずはスマホやパソコンを再起動させてから、始めから申し込みし直してみましょう。

 

申し込みできない原因は、意外と単純なミスの場合が多いからです。

 

申し込み手順をまとめると以下の通りです。

申し込み手順
  1. プランの選択
  2. オプションサービスの選択
  3. 製品の選択
  4. 楽天会員ログイン
  5. 契約者情報
  6. 電話番号の選択
  7. 受け取りと支払い方法

 

申し込みできない原因に気をつけながら、始めから順番に手続きを進めてみてください。

 

 

 

申し込み手順の詳細を確認したい方は、【簡単3ステップ】楽天モバイル申し込み方法・手順 にて解説しています。

 

まとめ:原因と対処法を確認して楽天モバイルに申し込もう!

上記で紹介した『楽天モバイルに申し込みできない時にすべきこと』を試していただくと、楽天モバイル申し込み時にエラーが出ても、原因と対処法がわかり申し込みを完了することができます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

まとめ
  • まず試すべきこと
    スマホやパソコンの再起動
  • 10の原因と対処法
    ブラウザの確認
    支払い方法の確認
    入力中のオーダー
    名義人の確認
    楽天会員IDの確認
    楽天ポイントの変更
    キャッシュのクリア
    時間をおいて再度アクセス
    料金未払いの確認
    18歳未満の契約

 

楽天モバイルの申し込みの際にエラー画面が表示されたり、画面に何も表示されなくて申し込みできないと慌ててしまうかと思いますが、この記事の原因と対処法を確認すれば無事に申し込みを完了させることができます。

 

まずは、スマホやパソコンを再起動してから、原因と対処法を参考にしつつ初めから申し込みし直してみてください!

 

 

おすすめの記事