【早見表あり】楽天買いまわりポイント計算方法|お買い物マラソン・スーパーセール

悩んでる人
・買いまわりで何ポイントもらえるのか知りたい!
・買いまわりのポイント計算早見表をみたい!
・買いまわりのポイント計算のやり方は?
・買いまわりポイント計算の注意点は?

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

 

この記事で紹介する『楽天買いまわりポイントの計算方法』を読んでいただくと、買いまわりポイントの仕組みが理解でき、誰でも簡単に何ポイントもらえるのか正確に計算できるようになります。

 

なぜなら、実際に何度も買いまわりしている僕が、初心者向けに分かりやすく解説するからです。

  • 実際に買いまわり10店舗達成しました

楽天買いまわり10店舗達成
※2021年9月楽天スーパーセール

 

この記事では、目安となるポイント計算早見表を紹介してから、具体的な計算方法まで詳しくご紹介します。

 

記事を読み終えると、今後の買いまわりでポイントがいくらもらえるのか悩むことは一切なく、正確にポイントを把握することができます。

楽天買いまわりポイント計算早見表【お買い物マラソン/スーパーセール対応】

まずは、楽天買いまわりでもらえるポイントの目安を早見表でサクッとご紹介します。

 

以下の早見表の「買いまわりショップ数(※縦軸)」と「購入合計金額(※横軸)」に沿って、もらえるポイントの目安を確認してみてください。

 

早見表の条件
  • 通常ポイント1倍は除く
  • 獲得上限7,000ポイント

 

  • 購入合計金額:1万円〜5.5万円の早見表

楽天買いまわりポイント計算早見表1

 

  • 購入合計金額:6万円〜20万円の早見表

楽天買いまわりポイント計算早見表2

 

早見表で、大まかにもらえるポイントが確認できればOKな方は、引き続き買いまわりを楽しみましょう。

 

さらに具合的なポイントの計算方法を知りたい方は、この記事の続きを読み進めてください。

 

楽天買いまわりキャンペーンとは

楽天ショップ買いまわりポイント倍率

そもそも買いまわりキャンペーンとは、キャンペーン期間中に買い物した「ショップ数」に応じて、ポイント倍率がどんどんアップしていくお得なキャンペーンです。

 

1ショップ購入でポイント1倍、2ショップ購入でポイント2倍、3ショップ購入でポイント3倍・・・10ショップ以上購入で最大ポイント10倍までアップしますね。

 

主な買いまわりキャンペーン2種類

主な買いまわりキャンペーンは2種類あります。

 

 

どちらも買いまわり最大10倍のルールはまったく同じです。

 

なので、買いまわりの計算方法をマスターすれば、楽天市場の主要キャンペーンの「お買い物マラソン」の際も「楽天スーパーセール」の際にも正しく計算できますね。

 

ちなみに、お買い物マラソンと楽天スーパーセールの違いはセール規模や開催時期・頻度、イベントなどが異なります。

 

 

お買い物マラソンと楽天スーパーセールの違いを詳しく知りたい方は、下記にも目を通してください。

 

楽天買いまわりポイントの正しい計算方法

楽天買いまわりポイントを正しく計算するために、以下の2点を確認しましょう。

 

  • ポイント倍率とポイント内訳
  • 通常ポイント1倍を除いて計算

 

順番に解説しますね。

 

ポイント倍率とポイント内訳

買いまわりでもらえるポイントの倍率と内訳を確認しましょう。

 

というのも、買いまわりポイントには買いまわりキャンペーン独自でもらえる「特典ポイント」の他に、楽天会員なら誰でももらえる「通常ポイント」も含まれているからです。

 

以下、購入ショップ数に応じたポイント倍率とポイント内訳を見てください。

購入ショップ数 ポイント倍率 ポイント内訳
1ショップ +1倍 通常ポイント:1倍
2ショップ +2倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:1倍

3ショップ +3倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:2倍

4ショップ +4倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:3倍

5ショップ +5倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:4倍

6ショップ +6倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:5倍

7ショップ +7倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:6倍

8ショップ +8倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:7倍

9ショップ +9倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:8倍

10ショップ〜 +10倍 通常ポイント:1倍

特典ポイント:9倍

 

つまり、買いまわりポイントの中には、特典ポイントだけではなく通常ポイント1倍も含まれていることを覚えておけばOKです。

 

1ショップ買いまわりはポイントアップ対象外

1ショップだけ買いまわりしてもポイントアップ対象外になるので注意しましょう。

 

というのも、1ショップ目は買いまわりの特典ポイントは付かないからです。1ショップ目でもらえるのは通常ポイント1倍のみですね。

 

先ほども解説しましたが、通常ポイントは楽天会員なら誰でももらえるポイントなので、1ショップだけならわざわざ買いまわりキャンペーン期間中に買い物しなくてもいいですね。

 

買いまわりキャンペーンのポイントアップの恩恵を受けられるのは、2ショップ目からです!

 

通常ポイント1倍を除いて計算

上記で「通常ポイントが含まれている」と解説しましたが、買いまわりポイントを正しく計算するには「通常ポイント1倍」を除いて計算しましょう。

 

というのも、後ほど解説しますが獲得上限ポイントや他のキャンペーンと併用する際に、通常ポイントを含めるとポイント計算が分かりにくくなるからです。

 

なので、通常ポイント1倍を除いた『購入合計金額 × (ショップ数 - 1) × 1%』の計算式に当てはめて計算すると特典ポイントのみ求めることができます。

 

『(ショップ数 - 1)』の部分が通常ポイント1倍を除いて計算しているということです。

 

実際に、通常ポイントを除いた計算例を3つご紹介します。

 

計算例
  • 例1:購入合計金額8,000円/購入ショップ数3店舗
    → 8,000円 × (3店舗 - 1) × 1% = 160ポイント(特典ポイントのみ)
  • 例2:購入合計金額15,000円/購入ショップ数5店舗
    → 15,000円 × (5店舗 - 1) × 1% = 600ポイント(特典ポイントのみ)
  • 例3:購入合計金額3,3000円/購入ショップ数10店舗
    → 33,000円 × (10店舗 - 1) × 1% = 2,970ポイント(特典ポイントのみ)

 

『購入合計金額 × (ショップ数 - 1) × 1%』の計算式だけ覚えてしまえば、いつでも買いまわりでもらえる特典ポイントのみを簡単に求めることができますね。

 

楽天買いまわり獲得上限ポイントの正しい計算方法

買いまわりキャンペーンでもらえるポイントには上限が設定されていますが、獲得上限ポイントを超えてしまうともらえるはずのポイントがもらえないので、正しく計算できるようにしておきましょう。

 

獲得上限ポイントにおいて正しく計算するための確認事項は以下の2点です。

 

  • 買いまわり獲得上限ポイントの確認
  • 獲得上限ポイントの正しい計算方法

 

順番に解説しますね。

 

買いまわり獲得上限ポイントの確認

買いまわりキャンペーンの獲得上限ポイントは『7,000ポイント』です。(※2021年11月現在)

 

も直近の「お買い物マラソン」も「楽天スーパーセール」も獲得上限7,000ポイントに設定されていますね。

 

直近の獲得上限ポイント
  • 2021年11月お買い物マラソン:上限7,000ポイント
  • 2021年10月お買い物マラソン:上限7,000ポイント
  • 2021年9月楽天スーパーセール:上限7,000ポイント

 

以前は、獲得上限ポイントが10,000ポイントの時もありましたが、ここ最近ではお買い物マラソンも楽天スーパーセールも獲得上限ポイントは7,000ポイントですね。

 

つまり、たくさん買いまわりしても最大7,000ポイントまでしかもらえないので、上限を超えないように購入金額を調整する必要があります。

 

獲得上限ポイントの正しい計算方法

買いまわりの獲得上限ポイントの対象となるのは「特典ポイント」の部分です。

 

先ほど解説したとおり、買いまわりのポイントには「通常ポイント」と「特典ポイント」が含まれますが、獲得上限7,000ポイントの対象となるのは「特典ポイント」の部分のみです。

 

なので、獲得上限ポイントを超えないか確認する際には、買いまわりの「特典ポイントのみ」を計算するようにしましょう。

 

以下の、獲得上限ポイントの正しい計算方法と間違った計算方法の例を見てください。

 

正しい計算方法

購入合計金額75,000円/買いまわりショップ数10店舗
  • 通常ポイント:750ポイント
  • 特典ポイント:6,750ポイント
○:特典ポイント6,750ポイントなので、獲得上限ポ7,000ポイント以内!

間違った計算方法

購入合計金額75,000円/買いまわりショップ数10店舗
  • 通常ポイント:750ポイント
  • 特典ポイント:6,750ポイント
×:合計7,500ポイントなので、獲得上限7,000ポイントを500ポイントオーバー。

 

つまり、買いまわりの獲得上限ポイントの対象となるのは、「特典ポイント」の部分だけと覚えておきましょう。

 

 

買いまわりキャンペーン(お買い物マラソン/楽天スーパーセール)の獲得上限ポイントについて詳しく知りたい方は、下記にも目を通してください。

 

買いまわりと他のキャンペーン併用時の正しい計算方法

買いまわりキャンペーン単体でもかなりお得ですが、買いまわりと併用できるキャンペーンが数多くあります。

 

もらえるポイントをトータルで正しく計算するためには、併用するキャンペーンの計算方法も理解する必要があるので、以下3点を確認しましょう。

 

  • 買いまわりと併用可能なキャンペーン一覧
  • 併用可能キャンペーンのポイント内訳を確認
  • 買いまわりとその他キャンペーン併用時の計算例

 

順番に解説しますね。

 

買いまわりと併用可能なキャンペーン一覧

買いまわりキャンペーン期間中、主に併用できるキャンペーンは以下のとおりです。

 

 

基本的に、買いまわり開催期間中は「SPU」と「39キャンペーン」はほぼ100%併用できますし、「5と0のつく日」は購入する日にちを調整すれば100%併用できます。

 

また、運が良ければ「勝ったら倍」も併用することができますね。

 

つまり、買いまわりキャンペーンだけでも最大10倍ポイントアップするのに、さらに併用可能キャンペーンでポイントアップさせることができますよ。

 

なので、買いまわり期間中にもらえるポイントをトータルで計算したい方は、併用可能キャンペーンも含めて計算する必要があるということです。

 

 

 

併用可能キャンペーンのポイント内訳を確認

買いまわりと併用キャンペーンをトータルで正しく計算するために、併用可能キャンペーンのポイント内訳を確認しましょう。

 

というのも、買いまわりキャンペーンと同様に併用可能キャンペーンも「通常ポイント含む」表記になっていて、表記のままの倍率で計算すると正しく計算できないからです。

 

各キャンペーンのポイント内訳を見てください。

キャンペーン ポイント倍率 ポイント内訳
SPU 最大15倍

※2021/11現在

・通常ポイント:1倍

・その他SPU:14倍

5と0のつく日 5倍 ・通常ポイント:1倍

・SPUポイント:2倍

・特典ポイント:2倍

勝ったら倍 2〜4倍 ・通常ポイント:1倍

・特典ポイント:1〜3倍

39キャンペーン 2倍 ・通常ポイント:1倍

・特典ポイント:1倍

 

つまり、買いまわりキャンペーンとその他キャンペーンを併用する際には、「通常ポイント」を重複して計算しないように注意する必要がありますね。

 

どのキャンペーンも「通常ポイント」を除いた「特典ポイント」のみの実質倍率で計算するといいでしょう。

 

「5と0のつく日」はSPUポイントも重複

併用可能キャンペーンの内、「5と0のつく日」に関しては通常ポイントに加えてSPUポイントも重複しているので注意しましょう。

 

ポイント5倍の内訳
  • 通常ポイント:1倍
  • SPUポイント:2倍
  • 特典ポイント:2倍

 

なので、「5と0のつく日」独自でもらえるポイントは実質2倍分ですね。

 

通常ポイントとSPUポイントを重複しないように計算しましょう。

 

 

「5と0のつく日」についてさらに詳しく知りたい方は、下記にも目を通してください。

 

買いまわりとその他キャンペーン併用時の計算例

実際に、買いまわりとその他キャンペーン併用時の計算例をご紹介します。

 

以下の条件で買いまわりしたとして、トータルもらえるポイントを計算してみますね。

条件
  • 購入合計金額:30,000円
  • 購入ショップ数:5ショップ
  • SPU:4倍(実質3倍)
  • 5と0のつく日:5倍(実質2倍)
  • 勝ったら倍:3倍(実質2倍)
  • 39キャンペーン:2倍(実質1倍)
計算例
  • 通常ポイント:30,000円 × 1% = 300ポイント
  • 買いまわり:30,000円 × (5ショップ - 1) × 1% = 1,200ポイント
  • SPU:30,000円 × 実質3倍 × 1% = 900ポイント
  • 5と0のつく日:30,000円 × 実質2倍 × 1% = 600ポイント
  • 勝ったら倍:30,000円 × 実質2倍 × 1% = 600ポイント
  • 39キャンペーン:30,000円 × 実質1倍 × 1% = 300ポイント
→ 合計獲得ポイント:3,900ポイント

 

上記の例のように、通常ポイントは別に計算し、各キャンペーンの特典ポイントのみを計算すれば、簡単に買いまわりキャンペーンと併用キャンペーンの合計獲得ポイントが計算できます。

 

楽天買いまわりポイント計算の注意点

楽天買いまわりポイントを計算する際の注意点をまとめて解説します。

 

ポイント計算の注意点の概要は以下のとおりです。

 

  1. 税込1,000円以上で1ショップとしてカウント
  2. 同じショップでの購入は1ショップとしてカウント
  3. 買いまわる順番でもらえるポイント数は変わらない

 

順番に解説しますね。

 

注意点①:税込1,000円以上で1ショップとしてカウント

ショップ買いまわりの対象となるのは、税込1,000円以上の購入です。

 

税込999円以下の場合は、対象外になるので注意しましょう。

 

また、送料やラッピングなど、商品以外の料金は対象外でして、クーポンを利用する際は値引き後の金額が対象になります。

 

以下の例を見てください。

3つの例
  • 対象!
    商品金額:1,000円
    送料無料:0円
    合計1,000円
    →1ショップとしてカウント
  • 対象外
    商品金額:800円
    送料:500円
    合計:1,300円
    →1ショップとしてカウントされない
  • 対象外
    商品金額:1,100円
    クーポン:200円
    合計:900円
    →1ショップとしてカウントされない

 

注意点②:同じショップでの購入は1ショップとしてカウント

同じショップで税込1,000円以上を2回購入しても、2カウントされないので注意しましょう。

 

同じショップでの購入は、いくつ買っても1ショップとしてカウントされます。

 

ちなみに、1回の買い物が税込999円以下でも、同じショップでさらに購入して合計1,000円以上になれば1ショップとしてカウントされますね。

 

注意点③:買いまわる順番でもらえるポイント数は変わらない

買いまわる順番でもらえるポイント数は変わりません。

 

安い方から買っても、高い方から買っても最終的にもらえるポイントは同じですね。

 

というのも、購入した商品すべてに対して、合計ショップ数に応じた同じポイント倍率が適応されるからです。

 

例えば、4ショップ買いまわりした場合、1〜4ショップ目まですべてのお買い物のポイント倍率が4倍(通常ポイント含む)になります。

 

 

買いまわる順番に関してさらに詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

 

まとめ:買いまわりポイント計算はかんたん【お買い物マラソン/楽天スーパーセール】

上記で紹介した『楽天買いまわりポイント計算方法』を実践していただくと、今後は買いまわりキャンペーン(お買い物マラソンや楽天スーパーセールなど)で何ポイントもらえるのか悩むことは一切なくなり、誰でも簡単に正しくポイント計算することができます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

買いまわりポイント計算まとめ
  • 買いまわりポイント計算早見表
    楽天買いまわりポイント計算早見表1楽天買いまわりポイント計算早見表2
  • 買いまわりポイント倍率と内訳
    購入ショップ数 ポイント倍率 ポイント内訳
    1ショップ +1倍 通常ポイント:1倍
    2ショップ +2倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:1倍

    3ショップ +3倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:2倍

    4ショップ +4倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:3倍

    5ショップ +5倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:4倍

    6ショップ +6倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:5倍

    7ショップ +7倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:6倍

    8ショップ +8倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:7倍

    9ショップ +9倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:8倍

    10ショップ〜 +10倍 通常ポイント:1倍

    特典ポイント:9倍

  • 買いまわりと併用可能キャンペーン
    キャンペーン ポイント倍率 ポイント内訳
    SPU 最大15倍

    ※2021/11現在

    ・通常ポイント:1倍

    ・その他SPU:14倍

    5と0のつく日 5倍 ・通常ポイント:1倍

    ・SPUポイント:2倍

    ・特典ポイント:2倍

    勝ったら倍 2〜4倍 ・通常ポイント:1倍

    ・特典ポイント:1〜3倍

    39キャンペーン 2倍 ・通常ポイント:1倍

    ・特典ポイント:1倍

  • 買いまわりポイントの計算式
    購入合計金額 × (ショプ数 - 1) × 1% = 買いまわり特典ポイント

 

最初は買いまわりポイントの計算が難しく感じていたかと思いますが、この記事を読んでいただければ誰でも簡単にポイント計算することができるかと。

 

正しくポイント計算することができれば、毎回買いまわりキャンペーンで何ポイントもらえるのかサクッと計算でき、計画的によりお得に買い物することができますね!

 

ぜひ、正しくポイント計算しつつ買いまわりでたくさんポイントをゲットしてください!

 

現在、買いまわりキャンペーンが開催されていない場合は、下記の記事で次回いつ開催されるのか確認してみてください。

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事