【最短数分!】楽天カードの審査時間の目安|早い人と遅い人の違いとは?

悩んでる人
・楽天カードの審査時間はどのくらい?
・楽天カードの審査時間が早すぎて心配!
・楽天カードの審査時間が遅くなる理由は?
・楽天カードの審査状況の確認方法はあるの?

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

 

これから紹介する『楽天カードの審査時間』を読めば、楽天カードの審査はどのくらいの時間かかるのか分かります。

 

なぜなら、実際に楽天カードに申し込みした僕の経験と、複数人の口コミを徹底調査した結果をもとに解説するからです。

 

ここでは、「楽天カードの審査時間の目安」から「審査時間が早い理由」、「審査時間が遅くなる理由」、「審査状況の確認方法」の順番でご紹介しますね。

 

読み終えていただければ、今後は楽天カードの審査時間で悩むことは一切なくなり、安心して審査結果を待つことができます。

楽天カードの審査時間の目安・平均

楽天カードの審査時間は人によって異なりますが、目安は以下の通りです。

 

審査時間の目安・平均
  • 早い人:最短数分〜翌日
  • 遅い人:数日〜1週間ほど

 

実際に楽天カードの審査時間がどのくらいかかったのか口コミをご紹介します。

 

早い人(最短数分〜翌日)

 

遅い人(数日〜1週間ほど)

 

早い人だと申し込みしてから数分後には審査結果が分かりますね。

 

一方、遅い人だと数日〜1週間ほど時間がかかる場合もあります。

 

なので、楽天カードの審査時間は人によって異なることが分かるかと。

 

審査時間が早い人と遅い人の違い

では、なぜ楽天カードの審査時間が早い人と遅い人に分かれるのか?

それは、クレジットカードを発行しても「全く問題のない人」と「詳しく審査が必要な人」に分かれるからです。

 

もちろん「全く問題ない人」なら審査が早く終わり、「詳しく審査が必要な人」は審査が長くなりますね。(早い理由と遅い理由は後述します)

 

審査は主に以下の2つの情報をもとに行われます。

 

  • 申し込み情報:申し込みフォームに入力した、職業や年収などの個人情報
  • 個人信用情報:クレジットカードやカードローンの延滞、借入などの情報

 

上記の情報をもとに、楽天カードを発行してもちゃんと返済してくれると判断されれば審査時間は早いですし、返済してくれるか怪しいと判断されれば審査時間は長くなりますね。

 

審査結果はメールで届く

楽天カードの審査結果は、メールで届きます。

 

メールの内容は以下の通りです。

 

  • 通った場合:「カード発行手続き完了のお知らせ」メール
  • 落ちた場合:「楽天カードお申し込み結果のお知らせ」メール

 

審査に通過した場合は、「カード発行手続き完了のお知らせ」というタイトルのメールが届きます。

 

実際に送られてきたメールを見てください。

楽天カードの発行完了メール

 

上記のメールが届いたら、無事に審査に通過したということです。

 

一方、「楽天カードお申し込み結果のお知らせ」というタイトルのメールが届いた場合は、残念ながら審査落ちですね・・・。

 

楽天カードの審査が早い理由

楽天カードの審査が数分で通った方の中には、逆に早すぎて不安になる方もいるかと思うので、そんな方向けに、なぜそこまで早く審査ができるのか解説します。

 

審査が最短数分で早い理由は、機械によってスコアリングされるからです。

 

スコアリングとは、「申し込み情報」と「個人信用情報」をもとに、点数をつける審査方法です。

スコアリングの結果が、楽天カードが定めた基準をクリアしていれば審査に通過しますね。

 

つまり、楽天カードの申し込み完了後すぐに機械によってスコアリングされ、十分に審査基準をクリアしていれば最短数分で完了するということです。

 

スコアリングの例

スコアリングは以下のようなイメージです。

 

審査項目 Aさん Bさん Cさん
職業 公務員
【70点】
会社員
【40点】
パート
【10点】
年収 600〜800万円
【100点】
400〜600万円
【80点】
100〜200万円
【30点】
勤続年数 10年以上
【70点】
1〜3年
【20点】
3〜10年
【50点】
住まい 賃貸
【10点】
社宅
【10点】
持ち家
【40点】
居住年数 3〜10年
【30点】
1〜3年
【20点】
10年以上
【50点】
他者借入 少額の借入
【10点】
多額の借入
【0点】
借入なし
【30点】
合計 審査通過
【290点】
審査落ち
【170点】
審査通過
【210点】

 

上記の表の例でいうと、スコアリングの得点が高い「Aさん」と「Cさん」が審査に通りますね。

 

もちろん、スコアリングの審査基準の詳細は楽天カード会社側しか分かりませんが、上記のようなイメージで審査されます。

 

楽天カードの審査が遅くなる理由

続いて、楽天カードの審査が遅くなる理由を解説します。

 

審査が遅くなる主な理由は以下の通りです。

 

遅くなる理由4つ
  1. 手動審査への切り替え
  2. 営業時間外の申し込み
  3. 混みあう時期の申し込み
  4. 特別な確認が必要な場合

 

順番に解説しますね。

 

遅い理由①:手動審査への切り替え

機械によるスコアリングで審査基準をクリアできなくて手動審査へ切り替えられた場合、審査時間が長くなります。

 

人がさらに詳しい情報を手動で審査するので、時間がかかるのも当然ですね。

 

なので、スコアリングで審査基準をクリアできない方は、審査時間が遅くなるかと。

 

遅い理由②:営業時間外の申し込み

楽天カードの営業時間外や営業時間ギリギリに申し込みすると、審査時間が長くなりますね。

 

というのも、基本的に営業時間外は審査が行われないからです。

 

営業時間は「平日9:30〜17:30」なので、以下の時間は審査が遅くなるかと。

 

  • 夕方(17:30〜):翌日以降
  • 土日祝:翌営業日以降
  • 大型連休:翌営業日以降

 

平日でも夕方以降だと翌日の朝まで審査されませんし、土日祝や大型連休を挟むと翌営業日以降の審査になますね。

 

なので、楽天カードを早く欲しい方は、平日の早めの時間帯に申し込むといいでしょう。

 

 

遅い理由③:混みあう時期の申し込み

楽天カードの申し込みが混みあう時期に申し込みした場合、通常よりも審査時間が長くなる可能性があります。

 

というのも、2020年6月現在でカード会員が2000万人を突破したくらい発行枚数が多いのに、混みあう時期になるとさらに申し込みが集中するからです。

 

具体的には、「新規入会キャンペーンのポイントアップ時期」ですね。

 

申し込みが集中すれば、機械審査とはいえ審査時間が遅くなったり、手動審査ならさらに時間が遅くなることが予想できるかと。

 

 

楽天カード新規入会キャンペーンのポイントアップの時期を詳しく知りたい方は、下記にも目を通してください。

 

遅い理由④:特別な確認が必要な場合

特別な確認が必要な場合、審査時間が長くなります。

 

というのも、通常の審査に加えて、電話での確認も必要になるからです。

 

特別な確認とは以下の通りです。

 

  • 親の同意確認(未成年の方)
  • 会社への在籍確認

 

未成年の方は、楽天カードを発行するのに親の同意が必要なので、親へ確認の電話がかかってきますね。

 

一方、ほとんど無いケースですが、特別な理由があると勤務先の会社に在籍確認の電話がかかってくることもあります。

 

つまり、通常の審査に加えて電話確認も必要になる場合、審査時間が通常よりも遅くなるでしょう。

 

楽天カードの発行状況の確認方法

楽天カードの発行状況の確認方法は2つあります。

 

発行状況の確認方法
  1. 専用Webページ
  2. 楽天カードコンタクトセンター

 

楽天カードを申し込みしたけど、「しっかり申し込みが受付されているか?」「審査されているのか?」「今の発行状況はどこまで進んでいるのか?」など確認したい方は、活用するといいでしょう。

 

2つの確認方法を順番に詳しく解説しますね。

 

専用Webページ

専用Webページから24時間いつでも発行状況を確認できます。

 

利用方法は、「カード申し込み受付ID」と「生年月日」、「電話番号(下4桁)」を入力して、「発行状況の確認」ボタンをタップすれば確認できます。

楽天カード発行状況の専用Webページ

 

すると、以下のような画面が表示されるので、発行状況を確認することができますね。

楽天カードの発行状況

 

「カード申し込み受付ID」について

「カード申し込み受付ID」は、お申し込み時に届く「カードのお申し込み受付のお知らせ」メールの本文中に記載されています。

楽天カード申し込み受付ID

 

楽天カードコンタクトセンター

楽天カードコンタクトセンターに電話して、発行状況を確認することができます。

 

楽天カードコンタクトセンターの基本情報は以下の通りです。

 

  • 営業時間:9:30〜17:30
  • 電話番号:0570-66-6910(有料)

 

とはいえ、時間帯によって電話が繋がりにくいですし有料なので、基本的には専用Webページから確認するといいかと。

 

楽天カードの審査に落ちる原因と対策

最後に、楽天カードの審査に落ちる原因と対策を解説します。

 

審査に落ちる主な原因は以下の5つです。

 

審査落ちの原因5つ
  1. スコアリングの得点が低い
  2. 入力した情報が正しくない
  3. 過去に金融事故を起こした
  4. 短期間で多重申し込みした
  5. 他社からの借入がある

 

カード会社が最も嫌うのが貸倒されることですが、本当に返済してくれるかどうか信用できない場合、落ちる可能性が高くなりますね。

 

 

一方、審査落ちしないための対策は以下3つです。

 

審査落ちの対策3つ
  1. キャッシング枠を減らす
  2. 他社からの借入を返済する
  3. 審査に落ちたら6ヶ月間空ける

 

審査に落ちる原因に該当する方は、しっかり対策してから楽天カードに申し込むといいかと。

 

 

楽天カードの審査に落ちる原因と対策について詳しく知りたい方は、下記にも目を通してください。

 

まとめ:楽天カードの審査時間は最短数分!

上記で紹介した『楽天カードの審査時間』を読んでいただければ、今後は楽天カードの審査時間はどのくらいかかるのかで悩むことは一切なくなり、安心して審査結果を待つことができます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

 

審査時間のまとめ
  • 審査時間の目安

→ 早い人:最短数分〜翌日
→ 遅い人:数日〜1週間ほど

  • 審査時間が早い理由

→ 機械によるスコアリング

  • 審査時間が遅くなる理由

→ 手動審査への切り替え
→ 営業時間外の申し込み
→ 混みあう時期の申し込み
→ 特別な確認が必要な場合

 

最初は、審査時間が長すぎたり、短すぎたりすると不安に感じるかと思いますが、この記事を読んでいただければ悩みを解決できたかと。

 

ぜひ、この機会に楽天カードに申し込み、無事に審査に通過してください!

 

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事