【年会費の価値なし?】楽天ゴールドカードのメリット・デメリット

『楽天ゴールドカードには、どんなメリット・デメリットがあるんだろう』と悩んでいませんか?

 

実は、この記事で紹介する『楽天ゴールドカードのメリット・デメリット』を読めば、たった3分で楽天ゴールドカードの特徴が理解でき、あなたにとってお得かどうかまで分かります。

 

なぜなら、僕も実際に楽天カードを使っていて、楽天ゴールドカードとの徹底比較・調査したからです。

 

この記事では、楽天ゴールドカードの基本情報から楽天カードとの違い、メリット・デメリット、おすすめな人まで紹介します。

 

記事を読み終えると、楽天ゴールドカードの特徴を理解でき、あなたにとってお得に利用できるかどうか分かります。

楽天ゴールドカードの基本情報

楽天ゴールドカードとは、一般カードの楽天カードの上位・楽天プレミアムカードの下位に位置する、中間ランクのカードです。

 

上記3つのカードを比較すると以下のとおり。

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 永年無料 2,200円(税込) 11,000円(税込)
ポイント ・街での買い物100円につき1ポイント
・楽天市場でポイント+2倍
・街での買い物100円につき1ポイント
・楽天市場でポイント+4倍
空港ラウンジ - ・国内空港ラウンジ2回無料 ・国内空港ラウンジ無料
・海外空港ラウンジ無料
保険 ・海外旅行傷害保険 ・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
ご利用可能額 最高100万円 最高200万円 最高300万円
ETCカード 年会費550円(税込) 無料付帯
その他特典 - ・お誕生月サービス
・明細書発行費用無料
・お誕生月サービス
・明細書発行費用無料
・選べるサービスコース

上記の特徴は一部ですが、楽天ゴールドカードが中間ランクであることがわかるかと。

楽天ゴールドカードのメリット

楽天ゴールドカードのメリットを紹介します。

  • 国内空港ラウンジ2回無料
  • ETCカードの年会費が無料
  • お誕生月サービス
  • 明細書発行費用が無料

メリット①:国内空港ラウンジ2回無料

国内空港ラウンジや一部の海外空港ラウンジが、年間2回まで無料で利用できます。

 

空港ラウンジでは、ドリンクサービスやWi-Fiの利用、新聞・雑誌の閲覧などができ、搭乗時間まで快適に過ごすことができますね。

 

楽天ゴールドカードで利用できる空港ラウンジは以下のとおり。

楽天ゴールドカードで利用できる空港ラウンジ

注意点

  • 年間の範囲:毎年9月1日〜翌年8月31日を1年間として、この期間中に2回無料
  • 利用方法:楽天カードと航空券もしくは半券の提示
  • 同伴者は有料:無料で利用できるのは本人のみ

メリット②:ETCカードの年会費が無料

通常年会費550円(税込)のETCカードを無料で申し込みできます。

 

有料道路を利用する方にとって、嬉しいサービスですね。

 

というのも、有料道路の料金所をノンストップでスムーズに通過できるだけではなく、通行料金100円につき1ポイント貯まるからです。

補足:楽天カード会員でも無料にする方法

楽天カードの方は、ETCカードの年会費が通常かかりますが、無料にする方法があります。

 

なぜなら、楽天PointClubの会員がダイヤモンド会員・プラチナ会員であれば、楽天カードの種類に関係なく無料になるからです。

 

ETCカードを無料にする方法をまとめると下記の通り。

楽天ETCカードを無料にする方法

メリット③:お誕生月サービス

誕生月に楽天市場、楽天ブックスで楽天ゴールドカードを利用すると、ポイント+1倍加算されます。

 

実際に、誕生月に楽天市場で楽天ゴールドカード使って買い物するとポイント+4倍になりますね。

 

ポイントの内訳は以下のとおり。

楽天ゴールドカードの誕生月サービスのポイント

注意:ポイント上限あり

お誕生月サービスは上限2,000ポイントまでなので注意しましょう。

 

つまり、誕生月に20万円以上まとめ買いしても、最大で2,000ポイントまでしか付与されません。

 

ちなみに進呈されるポイントは「通常ポイント」でして、進呈日は誕生月の翌々月25日頃までです。

メリット④:明細書発行費用が無料

明細書が紙で欲しい方のみのメリットですが、明細書発行費用が無料です。

 

というのも、一般カードの楽天カードの方だと、発行をお願いすると毎月84円(税込)かかるからです。

 

※もちろんWebで明細書を確認できるので、紙の明細書が不要な方は、申し込まなければ費用はかかりません。

その他のメリット

上記以外のメリットもまとめて紹介します。

  • ご利用可能額は最高200万円(楽天カードは最高100万円)
  • トラベルデスクの利用が無料:海外旅行での緊急時(パスポート・カードの紛失や盗難、病気やケガなど)のサポートなど
  • お手ごろな価格でゴールドカードを所持できる

楽天ゴールドカードのデメリット

楽天ゴールドカードのデメリットを紹介します。

  • 年会費2,200円(税込)がかかる
  • 一般カードの楽天カードと大差なし

デメリット①:年会費2,200円(税込)がかかる

楽天ゴールドカードのデメリットは、年会費が2,200円(税込)かかることです。

 

どのくらい利用するか関係なく、所有しているだけで毎年お金がかかりますね。

 

年会費の元を取らないと、損をしてしまうので申し込み前にしっかり検討しましょう。

 

一方、一般カードの楽天カードは年会費永年無料です。

デメリット②:一般カードの楽天カードと大差なし

楽天ゴールドカードと楽天カードの内容は、そこまで大差がありません。

 

なぜなら、基本的なスペック(還元率1%や楽天市場で+2倍など)は全く同じですし、楽天ゴールドカードのオリジナル特典も限定的だからです。

 

実際に、国内空港ラウンジを使わない、有料道路も使わない方にとっては、メリットがほとんど無くなります。

 

なので、一般カードの楽天カードか上位の楽天プレミアムカードを選んだ方が、お得になるケースが多いかと。

補足:2021年4月に楽天ゴールドカード改悪

2021年4月1日から、楽天ゴールドカードが大幅改悪されました。

 

というのも、以前までは楽天プレミアムカードと同じ『楽天市場で+4倍』だったのが、楽天カードと同じ『楽天市場で+2倍』に変更されたからです。

 

下記を見てください。

2021年4月楽天ゴールドカード改悪

楽天ゴールドカードの魅了が激減した結果となりましたね・・・。

楽天ゴールドカードがおすすめな人

楽天ゴールドカードのメリット・デメリットを紹介しましたが、結局どんな人に楽天ゴールドカードがおすすめなのか解説します。

 

結論は『年会費2,200円(税込)の元が取れる人』です。

 

当たり前ですが、年会費の元が取れるのくらい特典を利用できるのであれば、楽天ゴールドカードを利用すると良いでしょう。

楽天ゴールドカードの年会費を計算

楽天ゴールドカードの特典を、具体的な金額に直して紹介します。

 

ぜひ、年会費の元が取れるのか参考にしてみてください。

  • 国内空港ラウンジ2回無料:通常1回利用で1,000円〜1,500円ほど
  • ETCカードの年会費が無料:550円が無料
  • お誕生月サービス:+1%加算(例:誕生月に楽天市場で5万円分買い物で500ポイント加算)
  • 明細書発行費用が無料:年間1,008円が無料(月84円×12ヶ月)

上記の例を参考に、あなたが年会費2,200円以上の特典を利用するのであれば、楽天ゴールドカードがおすすめです。

まとめ:楽天ゴールドカードはあなたにとってお得?

上記で紹介した『楽天ゴールドカードのメリット・デメリット』を読んでいただくと、楽天ゴールドカードの特徴が理解でき、あなたにとって年会費以上にお得に利用できるかが分かります。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

メリット
  • 国内空港ラウンジ2回無料
  • ETCカードの年会費が無料
  • お誕生月サービス
  • 明細書発行費用が無料
デメリット
  • 年会費2,200円(税込)がかかる
  • 一般カードの楽天カードと大差なし

楽天ゴールドカードのメリット・デメリットが理解できれば、年会費を支払っても利用する価値があるか分かります。

 

年会費2,200円以上に、特典を利用できるなら楽天ゴールドカードがおすすめです。

>> 楽天ゴールドカード公式サイト

 

年会費2,200円以上に、特典を活用できない方は『楽天カードは結局どれがいい?』の確認が必要です。具体的に学びたい方は下記にも目を通しましょう。

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事