楽天カードのおすすめの国際ブランドはこれ【違い・特徴を徹底解説】

楽天カードの国際ブランドは、『どれを選べばいいのか』と悩んでいませんか?

 

実は、この記事で紹介する『楽天カードのおすすめの国際ブランド』を読んでいただくと、誰でも適切な国際ブランドを選ぶことができます。

 

なぜなら、僕も実際に楽天カードの国際ブランド選びで悩み、失敗した経験をもとに解説するからです。

 

この記事では、楽天カードの国際ブランド4種類の特徴を紹介して、おすすめの国際ブランドもご紹介します。

 

記事を読み終えると、今後どの国際ブランドを選べばいいのか悩むことは一切なく、適切なブランドを選ぶことができます。

国際ブランドとは?

そもそも国際ブランドとは、日本国内だけではなく、世界中で利用できるクレジットカードのブランドのことです。

 

クレジットカードの主な国際ブランドは、以下のとおり。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

楽天カードで選べる国際ブランドは、上記Diners Clubを除いた4種類から選べます。

国際ブランド選びが重要な理由

国際ブランド選びは重要です。

 

その理由は以下のとおり。

  • カードが利用できるお店が決まる
  • 簡単に変更できない

理由①:カードが利用できるお店が決まる

選んだ国際ブランドによって、楽天カードが利用できるお店(加盟店)が決まります。

 

なぜなら、選んだ国際ブランドのステッカーが貼ってあるお店のみ、カードが使えるからです。

 

実際に、お店のレジで国際ブランドのステッカーを見たことがあるかと思いますが、選んだ国際ブランドのステッカーが貼ってなければ、カードが利用できません。

 

なので、お店でカードが利用しやすいように、国際ブランド選びが重要です。

理由②:簡単に変更できない

楽天カードを発行したけど、のちのち国際ブランドを変更したくても簡単にできません。

 

なぜなら、国際ブランドのみの変更はできないからです。

 

実際に、国際ブランドを変更したい場合は、持っている楽天カードを一旦解約し、再度新規申し込みする必要がありますね。

 

以下の公式サイトから引用した画像をご覧ください。

楽天カードの国際ブランドの変更について

ちなみに、楽天カードから楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードにランクアップする際は、解約せずに、切り替え手続きのみで国際ブランドを選び直せますが、どちらにせよ手間はかかります。

 

国際ブランド選びの重要性を確認できたら、楽天カードの国際ブランド4種類の特徴を見ていきましょう。

楽天カードの国際ブランド4種の特徴

楽天カードの国際ブランド4種類

先ほども解説しましたが、楽天カードで選べる国際ブランドは4種類です。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

それぞれの特徴をご紹介します。

Visaの特徴

Visaは知名度・シェアともに世界No.1の国際ブランドです。

 

なぜなら、Nilson Reportが2015年に調査した結果、Visaが最も高いシェア率56%を占めているからです。

 

実際に、街のお店を見てみても、Visa加盟店をよく見かけますね。

 

以下の画像を見てください。

2015年の国際ブランドシェア率
出典:Nilson Report

なので、国内だけではなく、海外でもさまざまな地域で広く加盟店を展開しているので、最も使いやすいかと。

Mastercardの特徴

Mastercardは、Visaに次いで世界的に有名な国際ブランドです。

 

先ほどの表を見ても、26%ものシェア率を誇ります。

 

Visaには劣るものの、Mastercardも国内だけではなく、海外でもさまざまな地域で広く加盟店を展開しているので、使いやいかと。

 

また、海外でも特にヨーロッパ方面に強いと言われます。

JCBの特徴

JCBは日本発の国際ブランドです。

 

日本発なだけあって、世界的シェア率は低いものの、国内でのシェア率は高めです。

 

なぜなら、国内シェア率はVisaに次いで高いからです。

 

実際に、Ipsosの2017年に調査した結果を見ると、JCBシェア率は30%ありますね。

 

以下の画像をご覧ください。

国内の国際ブランドシェア率
出典:Ipsos

国内だけしか使わない方にとっては、比較的使いやすいかと。

American Expressの特徴

American Expressはハイステータスな国際ブランドとして人気があります。

 

ただし、VisaやMastercardに比べると、加盟店が限定されますね。

 

国内では、JCB加盟店でも使えるので、比較的使いやすいかと。

楽天カードのおすすめ国際ブランド

楽天カードで選べる国際ブランドの特徴を確認したところで、おすすめの国際ブランドはどれか、ご紹介します。

 

おすすめな国際ブランドは、以下のとおりです。

  • クレジットカード1枚目の人:Visa
  • クレジットカード2枚目の人:1枚目と異なる国際ブランド

クレジットカード1枚目ならVisaがおすすめ

現在クレジットカードを持っていなくて、これから1枚目を発行するならVisaがおすすめです。

 

なぜなら、加盟店が多く、ほとんどのお店でカードが利用できるからです。

 

実際に、知名度・シェア率ともにNo.1の国際ブランドなので、Visaカード1枚持っておけば間違いありません。

楽天カードの一般カード・Visaであれば2枚目が発行できる

楽天カードは基本的に2枚発行できませんが、1枚目のカードの条件次第では、2枚目が発行できます。

 

1枚目のカードの条件は、以下の通りです。

  • 楽天カードのランク:一般カード
  • 国際ブランド:Visa

なので、1枚目の楽天カードを『一般カード・Visa』で作っておけば、いつでも2枚目のカードを発行できるので、のちのち変更したい場合やランクアップしたい場合にも安心です。

クレジットカード2枚目なら1枚目と異なる国際ブランドがおすすめ

現在メインで使っているクレジットカードがある方は、そのカードの国際ブランドと異なるブランドを選ぶのがおすすめです。

 

なぜなら、さらに利用できるお店を拡大することができるからです。

 

例えば、おすすめの組み合わせは以下のとおり。

  • Visaを持っている ⇨ JCBがおすすめ
  • Mastercardを持っている ⇨ JCBがおすすめ
  • JCBを持っている ⇨ Visaがおすすめ

基本的には、Visaが最もおすすめですが、Mastercardを持っている方はVisaとサービス内容や利用できるお店がほとんど同じなので、JCBがおすすめですね。

 

つまり、VisaかMastercardどちらか1枚とJCB1枚の組み合わせで、より利用できるお店を拡大できるかと。

楽天カードの国際ブランドでよくある質問

楽天カードの国際ブランドでよくある質問をご紹介します。

 

国際ブランドによって審査基準は違うの?
国際ブランドが違っても、審査基準は同じです。どの国際ブランドであっても、楽天カードの基準で審査されます。

 

国際ブランドによって選べるデザインが違うの?
国際ブランドによって選べるデザインが違います。
Visa Mastercard JCB AmericanExpress
通常
お買い物パンダ
FCバルセロナエンブレム - -
FCバルセロナプレイヤー - -
ミニーマウス - - -
ミッキーマウス - - -
楽天イーグルス - -
YOSHIKI - - -
ヴィッセル神戸 - - -
イニエスタ - - -

 

タッチ決算が使える国際ブランドは?
タッチ決算が使える国際ブランドは、VisaとMastercardの2つです。
JCBとAmerican Expressはタッチ決算は非対応です。

まとめ:楽天カードの国際ブランドはVisaがおすすめ

上記で紹介した『楽天カードのおすすめの国際ブランド』を読んでいただくと、4種類の国際ブランドの特徴が理解でき、適切に選ぶことができます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  • クレジットカード1枚目の人:Visa
  • クレジットカード2枚目の人:1枚目と異なる国際ブランド

最初はどの国際ブランドを選べばいいのかよく分からないと思いますが、クレジットカード1枚目の方は、知名度・シェア率ともにNo.1のVisaを選べば間違いありません。

 

また、クレジットカード2枚目の方は、Visaを中心にして1枚目と異なる国際ブランドを選ぶといいでしょう。

>> 楽天カード

 

上記の内容を確認した後は『楽天カードに楽天Edyは必要か?』の確認が必要です。具体的に学びたい方は下記にも目を通しましょう。

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事