【誰でもできる】楽天カードでお得なポイントの貯め方を徹底解説

楽天カードを使ってお得にポイントを貯める方法がよく分からないと悩んでいませんか?

 

実は、この記事で紹介する『楽天カードのお得なポイントの貯め方』を実践すると、誰でも簡単にポイントを貯めることができます。

 

なぜなら、僕も実際に実践して、ざくざくポイントを貯めることができているからです。

 

この記事では、実店舗でポイントを貯める方法から楽天サービスでポイントを貯める方法まで、具体的に解説します。

 

記事を読み終えると、ポイントの貯め方が理解でき、効率的にポイントを貯めることができます。

楽天カードの還元率は通常1%

楽天カードの還元率は、通常1%です。

 

楽天加盟店や楽天サービス以外のどこで使用しても1%還元されます。

 

例えば、スーパーでの買い物で、5,000円分を楽天カードで支払えば、50ポイントもらえますね。

100円未満は切り捨てだけど、1ヶ月の利用金額で計算

100円につき1ポイント還元されますが、100円未満は切り捨てられます。

 

とはいえ、楽天カードは1ヶ月の合計利用金額に対して計算してくれるので、毎月最大1ポイントしか切り捨てられません。

 

一方、他のクレジットカードの中には、1回ごとの決算で切り捨てられるものもあるので、楽天カードは良心的です。

実店舗で楽天カードを使って、お得にポイントを貯める

実店舗で楽天カードを使ってお得に貯める方法の解説の前に、楽天カードの基礎知識を確認しましょう。

 

というのも、楽天カードが『1枚3役』の特徴を理解することで、お得に貯める方法が理解しやすくなるからです。

楽天カードは『1枚3役』の優れもの

楽天カードは1枚で『クレジットカード』『ポイントカード』『電子マネー』の3つの機能を持っています。

 

以下の画像をご覧ください。

1枚3役の楽天カード

1枚3役の特徴を理解しつつ、実店舗でお得に貯める方法を見ていきましょう。

 

実店舗でお得にポイントを貯める方法は以下の3つです。

ポイントの貯め方3つ
  1. 楽天カード加盟店で貯める
  2. 楽天Edyを使って貯める
  3. 楽天ペイを使って貯める

貯め方1:楽天カード加盟店で貯める

日々の生活の中で、楽天カード加盟店を利用するとポイントがお得に貯まります。

 

なぜなら、楽天カードの支払いで100円につき1%貯まるのと、ポイントカードの提示で100円〜200円につき1ポイントの2重取りができるからです。

 

例えば、加盟店であるマクドナルドで1,500円分買ったとするとポイントの内訳は以下のとおり。

  • 楽天カードで支払い:15ポイント
  • 楽天ポイントカードの提示:15ポイント

1回の買い物で、合計30ポイント貯まります。

ポイント還元率は加盟店ごとに異なる

楽天ポイントカードの加盟店の還元率は加盟店ごとに異なります。

 

基本的には、「100円につき1ポイント」か「200円につき1ポイント」ですね。

 

一例として以下を見てください。

加盟店 還元率
グルメ・飲食 ガスト 200円(税込)につき1ポイント
マクドナルド 100円(税込)につき1ポイント
すき家 200円(税込)につき1ポイント
はま寿司 200円(税込)につき1ポイント
ミスタードーナツ 100円(税込)につき1ポイント
ショッピング ファミリーマート 200円(税込)につき1ポイント
デイリーヤマザキ 100円(税込)につき1ポイント
コーナン 200円(税込)につき1ポイント
大阪屋ショップ 200円(税込)につき1ポイント
アルペン 200円(税込)につき1ポイント
スポーツデポ 200円(税込)につき1ポイント
ジョーシン 200円(税込)につき1ポイント
ビックカメラ 対象商品購入額(税込)の5%
サービス シェルサービスステーション 2リットルにつき1ポイント
コスモ石油 200円(税込)につき1ポイント

上記以外の加盟店も見たい方は楽天ポイントカード公式サイトからどうぞ。

注意点:楽天カードを出すだけでは、楽天ポイントを付与してくれない

楽天カードを出すだけでは、楽天ポイントを付与してくれない場合もあるので注意しましょう。

 

というのも、店員さんによって楽天カードで決算はするけど、ポイントカードへのポイント付与をしない場合があるからです。

 

実際に、僕もマクドナルドで楽天カードを出しましたが、楽天カードポイントへの付与はされていませんでした。

 

なので、加盟店で楽天カードを出す際は「ポイントと支払いをこれでお願いします!」と言うといいでしょう。

貯め方2:楽天Edyを使って貯める

楽天Edyとは、電子マネーのことです。

 

特徴としては、コンビニなどのちょっとした会計時に簡単に支払いができますし、前払い式なのでお金の管理がしやすいメリットがあります。

 

ちなみに、楽天カードの発行の際に、無料で付属させることができますね。

楽天カードからチャージ&楽天Edy支払いで1%還元

楽天カードからチャージして、楽天Edyで支払いすると合計1%還元されます。

 

ポイントの内訳は以下のとおり。

  • 楽天カードからのチャージ:200円ごとに1ポイント
  • 楽天Edyでのお支払い:200円ごとに1ポイント

合計して、200円ごとに2ポイントでして、還元率は1%です。

 

還元率が1%なので、通常の楽天カードで支払うのと同じですが、楽天Edy独自のキャンペーンをよく開催しているので、うまく活用すれば楽天カードで支払うよりもお得にポイントを貯めることができるかと。

貯め方3:楽天ペイを使って貯める

楽天ペイとは、スマホ決算のことです。

 

特徴としては、楽天カードを持ち歩かなくても、スマホでお支払いができます。

 

使い方としては、「楽天ペイアプリをダウンロード」⇨「必要事項を登録」⇨「楽天ペイでスマホ決算」といった感じです。

楽天カードからチャージし楽天ペイでお支払いで1.5%還元

楽天カードからチャージして、楽天ペイで支払いすると1.5%還元されます。

 

ポイントの内訳は以下のとおり。

  • 楽天カードからのチャージ:0.5%還元
  • 楽天ペイのお支払い:1%還元

合計して1.5%還元されますね。

 

楽天カードで支払うよりも0.5%も還元率が高くなるので、楽天ペイが使えるお店で積極的に使うとポイントが貯まりやすいかと。

 

また、楽天Edyと同様、楽天ペイ独自のキャンペーンを開催しているので、合わせて活用してみるのもいいでしょう。

楽天サービスで楽天カードを使って、お得にポイントを貯める

楽天サービスで楽天カードを使ってお得にポイントを貯める方法は以下の2つです。

ポイントを貯める方法
  1. 楽天カードを使って楽天市場で買い物する
  2. 楽天カードを使って楽天トラベルを利用する

貯め方1:楽天カードを使って楽天市場で買い物する

楽天カードと最も相性が良いのが楽天市場での買い物です。

 

なぜなら、楽天カードを使うだけで、楽天市場での還元率が常時3%還元、「0と5のつく日」であれば5%も還元されるからです。

楽天市場で常時3%還元

楽天カードを使うだけで、楽天市場での買い物がいつでも3%還元されます。

 

というのも、楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)の特典でして、楽天カード会員はポイント倍率が『+2倍』になるからです。

 

常時3%の内訳は以下のとおり。

  • 楽天会員:1倍
  • SPU(楽天カード):2倍

合計3%還元されます。

楽天市場「0と5のつく日」は5%

先ほどの常時3%に加えて「0と5のつく日」では、楽天カードを使うだけでさらに『+2倍』還元されます。

 

楽天市場の「0と5のつく日」というキャンペーンでして、毎月5、10、15、20、25、30日に開催されます。

 

還元率5%の内訳は以下のとおり。

  • 楽天会員:1倍
  • SPU(楽天カード):+2倍
  • 0と5のつく日:+2倍

合計5%還元されます。

貯め方2:楽天カードを使って楽天トラベルを利用する

楽天カードを使って楽天トラベルを利用するとお得です。

 

通常、楽天トラベルを利用すると1%還元されますが、楽天カードを使えばさらに1%還元されるからです。

 

もちろん、他のクレジットカードで決算してもポイントはつきますが、楽天ポイントでまとめられるので管理しやすいかと。

楽天カード会員限定1,000円割引クーポン

楽天ポイントとは別ですが、楽天トラベルでは毎月、楽天カード会員限定で1,000円割引クーポンを発行しています。

 

楽天カードを持っている会員限定のお得な特典ですね。

 

楽天カード会員なら是非、利用したいクーポンです。

楽天カードでさらにポイントをざくざく貯めるコツ

最後に、楽天カードを使ってさらにポイントを貯めるコツを解説します。

ザクザク貯めるコツ2つ
  1. 公共料金を楽天カードで支払う
  2. 楽天市場をできるだけ活用する

貯め方1:公共料金を楽天カードで支払う

公共料金の支払いを楽天カードで行うといいでしょう。

 

なぜなら、毎月の固定費である公共料金はバカにならないので、楽天カードで支払えば確実に毎月ポイントが貯まるからです。

 

公共料金を楽天カードで支払った場合のポイント例

項目 月額 獲得ポイント
電気代 8,000円 80ポイント
ガス代 4,000円 40ポイント
水道代 4,000円 40ポイント
携帯代 8,000円 80ポイント
ネット代 10,000円 100ポイント
合計 34,000円 340ポイント

上記は、分かりやすいように各項目で1%還元されることを前提に計算しました。

 

月額で340ポイントも貯まり、年間にすると4,080ポイントも貯まりますね。

注意点:楽天カードの公共料金支払いポイント改悪

楽天カードの公共料金支払いでの獲得ポイントが2021年6月1日から改悪されます。

 

楽天ポイント進呈条件

  • 変更前:100円ご利用につき1ポイント
  • 変更後:500円ご利用につき1ポイント

なんと、1%から0.2%と1/5まで減額ですね・・・。

 

詳しくは楽天カード公式サイトをどうぞ。

楽天の公共サービスの検討

楽天カードの公共料金支払いでの獲得ポイントが改悪されるに当たって、楽天の公共サービスに乗り換えを検討するのもいいでしょう。

 

なぜなら、楽天グループでは公共事業も数多く提供していて、サービス内容も良いですし、楽天カード支払いでポイント還元されるからです。

 

僕自身も、携帯電話を楽天モバイルに乗り換えましたが、月額5,000円ほど安くなりました。また、毎月の携帯料金の1%ポイント還元されますね。

 

楽天の公共サービスの例は以下のとおり。

  • 楽天モバイル
  • 楽天ひかり
  • 楽天でんき
  • 楽天ガス
  • 楽天でんわ

現在使っている公共サービスと比較して、楽天のサービスの方が優れていれば、乗り換えを検討しましょう。毎月の固定費の削減だけでなく、ポイントも貯まるので十分に検討する価値ありです。

楽天市場をできるだけ活用する

ポイントをざくざく貯めたいなら、楽天市場をできるだけ活用しましょう。

 

なぜなら、先ほども解説した楽天カード使用での還元率が高いのと、楽天市場独自のお得なキャンペーンも頻繁に開催されているからです。

 

実際に、楽天市場で楽天カードを使いつつ、キャンペーンを併用すると10%以上の還元も珍しくありません。

 

楽天市場では、生活に必要なものが全てそろうので、普段スーパーで買い物している商品も、一度楽天市場で買い物した方がお得にならないか?検討してみるといいでしょう。

 

ほとんどの場合、お得になるかと。

まとめ:楽天カードでポイントがざくざく貯まる

上記で紹介した『楽天カードを使ってポイントをお得に貯める方法』を実践していただくと、効率的にポイントを貯めることができます。

 

最後にもう一度内容を確認しましょう。

実店舗で貯める
  • どこで使っても還元率1%
  • 加盟店でポイント二重取り
  • 楽天Edyで1%還元
  • 楽天ペイで1.5%還元
楽天サービスで貯める
  • 楽天市場で3%〜5%還元
  • 楽天トラベルで2%還元
さらにポイントを貯める
  • 公共料金の支払い
  • 楽天市場でできるだけ買い物

最初は、楽天カードでポイントを貯めるコツを全て覚えることはできないと思いますが、実際に楽天カードを使用しながら試してもらうと、効率的に貯めることができるようになります。

 

慣れてしまえば、毎日の生活で効率的にポイントを貯めることができ、他の人よりも確実に得することができますね。

 

上記の内容を実践した後は『ポイントのお得な使い方』が必要です。具体的に学びたい方は下記にも目を通しましょう。

楽天カード『新規入会キャンペーン7,000ポイント』開催中
楽天カード新規入会キャンペーン7000ポイント

 

開催期間
2022年1月17日(月)10:00 〜 1月24日(月)10:00

 

  • 年会費永年無料
  • 12年連続顧客満足度No.1
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 「5と0のつく日」はポイント5倍

 

楽天カード 新規入会&利用でもれなく7,000ポイントもらえます!

是非、この機会に入会しましょう!

 

おすすめの記事